アルコール依存症とうつ病 / うつ病の症状チェックと原因・治療

アルコール依存症とうつ病

2000人以上のうつ病患者を改善に導いたうつ病改善方法
軽度のうつ病なら1週間、重症のうつ病でも、2カ月以内に改善させることは十分可に能です。

アルコールはうつ病を知らせるサインの1つ

うつ病の人の中にはお酒に逃げてアルコール依存症になる人もいます。
アルコールはうつ病を知らせるサインの1つでもあります。もし家族や友人が急にアルコールの量が増えたときは、うつ病のことも考えてください。

 

うつ病になると眠れなくなったり、気が滅入ったり、不安が募るため、それを紛らわせようとしてお酒に逃げて、酒量が増えることがあるのです。そしてその結果アルコール依存症になることがあります。お酒に依存することは体にもそしてもちろん心にもいいことではありません。

 

また、うつ病患者のアルコール依存は自殺の危険性を高めるといわれており特に注意が必要です。

 

うつ病はきちんと時間をかけて治療すれば治る病気です。
精神科に行ったり心療内科に行くのはみっともないことだと思ってしまい行くことができずに悩んでいる人も多いでしょう。しかし、うつ病は珍しい病気でも恥ずかしい病気でもありません。うつ病は心の風邪とも呼ばれるほどよくある身近な病気なのです。そして風邪のようにこじらせると大変なことになる病気でもあります。

 

うつ病かなと思ったら迷っていないでまずは精神科や心療内科で診察してもらいましょう。
うつ病の治療は複雑なことをするわけではありません。基本は休養と薬物療法、そして精神療法です。薬物療法には抗うつ薬を用います。精神療法は医師や心理療法士によるカウンセリングになります。

2000人以上のうつ病患者を改善に導いたうつ病改善方法
軽度のうつ病なら1週間、重症のうつ病でも、2カ月以内に改善させることは十分可に能です。
社会保険労務士が教える「うつ病で労災認定を受ける方法」
パワハラ、セクハラ等の職場のストレスや長時間労働など、仕事でうつ病になった方は「傷病手当金」ではなく「労災認定」を受けられます。

ホーム RSS購読 サイトマップ