うつ病の症状チェックと原因・治療

うつ病の症状チェックと原因・治療

2000人以上のうつ病患者を改善に導いたうつ病改善方法
軽度のうつ病なら1週間、重症のうつ病でも、2カ月以内に改善させることは十分可に能です。

うつ病は現代人の悩み

  • なんだか何をするのもおっくうで面倒くさい。
  • 仕事も恋愛も人に会うのもすべてが無意味だ。
  • 何をしていても楽しくないし生きていてもつまらい。

 

仕事で失敗してしまったとき、大好きだった人にふられてしまったとき、家族や友達とけんかしてしまったときなどこんなことを思ったことはありませんか?

 

これが一時の感情であればそれはよくあることですが、この状態が長く続いている場合ははうつ病のおそれがありますのでご注意下さい。

うつ病とは

うつ病は何らかの原因で気分が落ち込み、何事にも興味がなくなり、生きるエネルギーがなくなってしまう病気です。うつ病になると心だけでなく身体のあちこちにも不調があらわれます。

 

うつ病は軽度のものから重度のものまでさまざまで、その原因はまだはっきりとは解明されていません。うつ病は実際になっていても本人の自覚が薄く、他の人から見てもわかりにくい病気です。また、軽度の場合は病院に行っても専門家でなければうつ病と気づくことができないことの多い病気でもあります。

 

うつ病は放っておくと悪化し大うつ病となり、自殺をする原因ともなる怖い病気です。

ストレスとうつ病

忙しい毎日が続き、自分の時間はいったいどこに行ってしまったんだろう、と思いながら仕事に出かけているあなた。ストレスはたまっていませんか?

 

毎日笑顔で過ごしている裏で大きな悩みをかかえ、なんで笑っているんだろう?と思いながら笑顔で頑張っているあなた。ストレスはたまっていませんか?

 

仕事の悩み、対人関係の悩み、家庭の悩みなどさまざまな理由からストレスはたまっていきます。
ストレスという言葉はちっとも珍しくなく、日常で頻繁に使われている現代。ストレスだけでなくうつ病と言う言葉もすっかり定着し、浸透してしまいました。

 

「課長がうつ病らしいよ」とか「山田さんの奥さんがうつ病になったんだって」という話も日常会話の中でよく耳にするようになりました。

 

WHO(世界保健機関)の疫学調査によると、うつ病は人口の3〜5%の割合で見られる病気といわれています。つまりうつ病は多くの人がかかる可能性の高い病気なのです。うわさ話をしているあなた、決して他人事ではありませんよ。

 

うつ病の症状

うつ病の症状には次のようなものがあります。

 

■精神的症状

 

  • 何をするのもおっくうになる
  • 集中力や決断力が低下し物事をきちんとすすめることができなくなる
  • 人に会うことや人といることが嫌になる
  • あらゆることに対し悲観的に考えるようになる
  • 生きるのが嫌になり自殺をしたくなる

 

■身体的症状

 

  • 体がだるい
  • 食欲がない
  • 眠れない
  • 頭痛、肩こり、めまい

 

この他にもうつ病にはさまざまな症状があります。
うつ病か単なる落ち込み、また疲れによるものか判断するのは難しいですが、目安として気分の落ち込みなどが2週間以上続いているかどうかがあります。2週間以上続いていある場合はうつ病のおそれがあります。

 

本格的にうつ病になってしまうと、あなたの生活ががらりと変わってしまいます。
うつ病になるといままで好きだったことや興味があったことに興味がなくなったり、楽しいと思っていたことが無意味に思えたりするようになってしまいます。また、自分はだめな人間だと自信喪失したり自己批判したりするようになってしまいます。そしてひどくなると自殺願望が出て自殺をしてしまう場合もあるのです。

 

うつ病は誰もがかかる可能性がある病気で、決してはずかしい病気ではありません。
ちょっとでもうつ病かなと思ったら早めに精神科や心療内科などのうつ病を診てくれる病院でチェックをしてもらい、もしうつ病診断されたら病院で適切な治療を受けるようにしましょう。

 

うつ病は病院に1〜2回行けば治るわけではありません。心の病であるうつ病は慌てず時間をかけてじっくりと治療しなければなりません。そのため信頼できる病院、安心できる医師のもとで治療することが大切です。きちんと話しを聞いて親身になってくれる医師のもとで治療をしましょう。また、抗うつ薬は副作用が出る場合もあるので、薬についてきちんと説明してくれる医師を選びましょう。

 

参考リンク:家族のうつ病への理解と接し方・うつを治す治療とサポート

2000人以上のうつ病患者を改善に導いたうつ病改善方法
軽度のうつ病なら1週間、重症のうつ病でも、2カ月以内に改善させることは十分可に能です。
社会保険労務士が教える「うつ病で労災認定を受ける方法」
パワハラ、セクハラ等の職場のストレスや長時間労働など、仕事でうつ病になった方は「傷病手当金」ではなく「労災認定」を受けられます。

ホーム RSS購読 サイトマップ