仕事・職場でのストレスにどう対処すればいいか? / ストレスの原因と解消方法

仕事・職場でのストレスにどう対処すればいいか?

仕事・職場のストレス

ストレスを仕事や職場で抱えている人は多く、もはやこれは当り前と言っても過言ではないのではないでしょうか。日本人は、仕事でストレスをためる事が多いと言いますが、それは仕事の内容や職場の人間関係に関わっているのかもしれません。

 

職場のストレスといえば、やっている仕事自体が嫌だということもあるかもしれませんが、基本的には上司と部下の関係、先輩後輩の関係、お局さん、飲み会が嫌、無駄な会議が嫌、クレーマーなどの嫌なお客さんというような「人間関係のストレス」が多いです。

 

仕事・職場でのストレスにどう対処すればいいか? / ストレスの原因と解消方法

 

仕事や職場のストレスは人間関係が原因のものが多く、ストレスの原因を無くすことができないというやっかいなものです。人間関係でのストレスの原因を無くせないときの対処法もありますが、限度はありますからね。

 

職場内でのストレスのよくあるケース

 

上司や先輩など目上の人との人間関係のストレス

 

上司や先輩など目上の人との人間関係のストレス

 

職場内でのストレスとして圧倒的に多いのが人間関係、特に上司や先輩など目上の人との人間関係のストレスが多いです。性格が嫌な上司や先輩、仕事を押し付けてきたり残業しなきゃ終わらないような仕事を頼まれたり、手柄を横取りされたり行きたくもないのに飲みにつき合わされたり、パワハラ・セクハラなど・・・

 

そういう嫌な上司や先輩を「パワハラだ」と言って排除できればいいのですが、性格的にできなかったり職場の雰囲気的にそういうこともできないケースは多いです。

 

部下や後輩といった下の立場の人との人間関係のストレス

 

部下や後輩といった下の立場の人との人間関係のストレス

 

上司や先輩ではなく、部下や後輩といった下の立場の人がストレスになる場合もあります。チームを任されたのに部下が使えない・全く仕事ができない、後輩の指導を任されたけど何を考えているか全然理解できない、生意気な部下や後輩が言う事を聞かない、責任感がなくちゃんと仕事をしないといったケースです。

 

お局さんの存在がストレス

 

お局さんの存在がストレス

 

また、女性の場合はお局さんも恐ろしいですね。立場が上なわけでもないけど職場に長く居るから上司や他の男性社員たちも逆らえない、「気に入らない人に意地悪をする性格の悪いババア」という感じでしょうか。そういうお局さんに限って「若い」というだけで気にいらなかったりと、いろんな人を気に入らないからたちが悪いですよね。

 

嫌われていなければいいけど嫌われると恐ろしい。そういうお局さんに目を付けられてしまったら日々ストレスを感じることでしょう。

 

お客さんとの関係のストレス

 

職場の人間関係以外の仕事のストレスとしてお客さんがあります。お客さんがストレスになるケースとしてはクレーマーやモンスター客などがいますね。

 

お客さんとの関係のストレス

 

正当なクレームならいいのですが、筋の通っていないクレームやただ誰かを攻撃したいだけの人が理不尽にからんでくる、接客業などでは特にそういう客の対応をしないといけないことがある仕事の人もいるでしょう。

 

仕事や職場のストレスは原因を無くすことができない

 

このように、仕事や職場のストレスは人間関係が原因のものが多く、ストレスの原因を無くすことができないというやっかいなものです。

 

自分に合った仕事・楽しい仕事をしている人は多少のストレスなどものともせずに楽しく働いているかもしれませんが、そうでない場合は、ストレスが過度になりがちです。

 

年収の低い方ほどサービス残業などで心労をかかえ、ストレスをため込んでいくという話は良く聞きます。しかし、年収が高い人でも、同様かそれ以上に、同じような原因でストレスに苦しんでいるものです。

 

また、同じ仕事でも、その仕事をしていてストレスを感じる人もいれば、全く感じないという人もいます。人には得意分野・不得意分野がありますからね。そして、そこでストレスを感じない人でも、人間関係でストレスを感じてしまっているという場合もあります。

 

ストレスはどんな人でも感じるもの

 

ストレスは、どんな人でも同様に感じてしまうものですから、これとはうまく付き合っていくしかないのでしょう。私も皆さんと同じようにストレスを感じる事は多くありますし、それを解消する為の方法も、皆さんが実行しているものとさほど変わらないと思います。

 

ストレスの受け方も、程度があるのでなかなか難しいところではありますが、仕事終わりに同僚と飲みにいったり、家族に癒されたりして、緩和していく方は多いでしょう。こうした方法でうまくストレスと折り合いをつけながら生活する事ができるのなら、それで良いと思います。

 

 

さらに、サイトのトップページで解説した「ストレスの少ない環境を整える」ことでストレスから回復する場所を作っていけば、仕事や職場が変わらなくても受けるストレスの影響はかなり減らすことができます。

職場のストレスにもいろいろある

就職や転職で職場が変わった時などの新生活が始まった時というのは、新しい環境に慣れるか、馴染めないままストレスを溜め込んでしまうか、難しい時期です。新生活でなくても、職場に新人や後輩など新しい人が入ってきたときや、配属が変わったときなど、職場の環境が変わることもあります。

 

職場でストレスを日常的に感じるようだと、発散させるのも一苦労です。職場でストレスを感じるのは仕方がないにしても、そうした場合せめて家ではリラックスできるような環境を作りたいです。もちろん職場でもストレスを感じないのがベストですが、そう都合よくいけば誰も苦労しませんね。

 

仕事や上司との人間関係はオーソドックスな悩みで、慢性化し過ぎてストレスと感じなくなっている方もいるかもしれません。そこで注目したいのが上司よりも身近な、同僚や異性の社員との人間関係から発生するストレスです。これは、ある意味で言えば上司以上に厄介で面倒な問題となるため職場のストレス要因上位と考えられるかもしれません。

仕事のストレスに耐えられない場合

仕事でストレスや職場でのストレスを感じるのは仕方のない事だと言えますし、もしそれに耐えられないのならば、会社を辞める・転職を考えるという手もあります。転職を考える必要があるくらいストレスを感じるのならば、早めにそれを実行してしまったほうが良いでしょう。

 

もちろん、ストレスから解放される為に転職したとして、別の仕事でうまくいくとはかぎりません。転職先でも、同じようにストレスを感じる事が出てくる可能性だってあります。日本人の精神性で、耐え忍ぶという言葉が美徳とされているふしがありますが、人間身体が資本ですから、過度なストレスを仕事で受けるのなら、いっそやめた方が良いでしょう。無理にストレスを受け続けていれば、やがて大きな病気になってしまうという事は、現実にあることなのです。

 

激務の仕事を続けていて、ストレスを感じ続け、倒れてしまい、精神的な病気を患い、働けなくなってしまう。このような方が現実には存在しますし、あるいは命をたってしまう、なんて方も存在しているので、自分がもうストレスで限界だと思ったのなら、そこから逃げるようにしましょう。

 

また、仕事で受けたストレスを解消する方法も人それぞれですから、自分にあった解消法を見つけていく事も大事です。自分のストレス解消法がお酒ならばお酒で、ゲームならゲーム、恋人なら恋人、色んな解消法がありますね。インターネットでストレスを解消するという方だっているでしょうし、twitterやブログで愚痴を書いて解消している方だっています。こうした方々を見ることで、ストレスを緩和させていく事もできるのではないでしょうか。

職場環境の変化でストレスを感じやすい現代

職場環境は昔に比べてかなりの変化を遂げており、かなりストレスを抱えやすい条件が整っています。また、現状の不満や将来への不安といったものも職場から発生するストレスの主たるものですね。

 

ストレスを抱えやすい条件が揃った今、これを完璧に回避するのは容易くありません。社会に出てからのストレスというのは、昔に比べると想像もできないほど多くなったのではないでしょうか。就職して安定した生活という神話が崩壊した今、どんな職場にいてもストレスは絶えずやって来ます。

 

ストレスを解消するには、休日に思い切り羽根を伸ばす、という古典的な手法は効果的です。他にも、趣味に没頭する時間を用意するなど日常のストレスを切り離して過ごせる環境を自発的に作ってみませんか。

 

ただゴロゴロ過ごすというのは、身体は休まるかもしれませんがストレスを感じる心が休まりません。自分にはどんな休みが必要なのか、一度考えてみる必要があるでしょう。人によって感じ方の異なる色々なストレスやその解消法について、ブログやサイトから詳しくチェックすることが出来ます。

 

ストレスに触れず生活するのが困難なら、上手に付き合うしかありません。色々と考えられる方法はあるので、自分に合ったものを見つけましょう。何でストレスを感じるかは人それぞれなので、対策法も人それぞれであって然るべきです。

 

適度なストレスはまだしも、過度なものになると身体に異変をきたす可能性もあるので要注意です。実際にあるかどうかはともかく、昔からストレスで胃に穴が開くと言われています。特にストレスを感じやすいのは真面目な人や几帳面な人とされており、時々は息抜きをする必要があるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る