ストレスと疲れ / ストレスの原因と解消方法

ストレスと疲れ

疲れを取りたい時は、体を温める

ストレスをその日に解消せずに、翌日まで溜め込んでいくと、リラックスしようと思っても中々できなくなって、結果、疲れを残すことになります。そして、体に不調を来たすのがストレスで、冷えが原因で体に不調が起きる場合もあります。

 

いずれにせよ、冷えとストレスは密接に関係しているので、疲れを取りたい時は、体を温めることが必要です。

 

ストレスと疲れから逃れるのに最適な睡眠

 

そして、疲れやストレスを取るために一番重要なのは睡眠で、朝、光を浴びてから14時間経過すると、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌して、体は眠る準備をし始めます。その2時間以内に眠るというのが理想で、ストレスと疲れから逃れるのに最適なのですが、中々、働く人にとっては難しいものです。

 

睡眠の1時間前から眠る準備は必要ですが、ベッドの中で心配事が浮かんで眠れないこともあり、それがストレスになることもあります。また、日中のストレスは、睡眠に表れるので、夜眠れない人は、一日の行動を書き出して、改善点を見つけることです。

 

これは科学的な根拠はないのですが、ハーブティーを飲むと眠れるので、そうすることでストレスと疲れを回避することができる場合があります。

 

オリジナルナイトキャップなどもストレスと疲れに効果的で、できれば、こうした方法を利用して、市販の睡眠改善薬を服用するのは避けるようにすることです。その日の疲れはその日のうちにリセットするというのが、ストレス解消法に一番で、健やかな心と体で翌日を迎えるように努めることです。

 

ストレスがあると疲れやすくなる

 

ストレスは疲れと大きな関係がありますが、疲れる原因は、激しい運動など肉体的なものばかりではないのです。人間は過度のストレスを受けると、そこから身を守ろうとし、ビタミンB群やビタミンCとなどのビタミン類が消費されることになります。

 

ビタミン類はエネルギーを作るのに必須で、ビタミンがストレスのために消費されてしまうと、乳酸が処理出来ずに蓄積し、疲れやすくなるのです。つまり、ストレスが起こると、体がだるくなって倦怠感を感じ、やがて疲れやすくなってしまうのです。

 

また、ストレスは身体を疲れやすくするだけでなく、目の疲れや肩こりを誘発し、食欲不振の症状を引き起こしたりもします。

 

ストレスによる疲れの対処方法

 

ストレスを受けると人間は疲れを感じますが、この場合の疲れというのは、肉体的な疲れと現れる症状が、同じではありません。運動のしすぎによる疲れと違って、ストレスからくる精神的な疲れは、対処が異なります

 

体の疲れは休んだり睡眠をとることで解消されるのですが、精神的な疲れは、身体を休めるだけでなく、ストレスの原因を取り除くことが必要なのです。ストレスからくる疲れは、個人差があるので、自分にあった方法で解消するように努めることです。

 

仕事や職場のストレス人間関係のストレス、また気温の変化や恋愛などでも人間はストレスを受けることになります。

 

精神的なストレスは、中々回復しにくく、免疫力が落ち、風邪を引きやすくなって病気になりやすく、どんどん疲れが蓄積していきますので、ストレスの原因をつきとめ、ストレスを減らす方法を実践して解消していきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る