嫁姑問題のストレスでよくあるケース / ストレスの原因と解消方法

嫁姑問題のストレスでよくあるケース / ストレスの原因と解消方法

嫁と姑の間で起こる問題は大きなストレスになる

旦那さんとの相性は長く付き合って判断するのに、姑との相性は結婚するときに考えない場合も多いのではないでしょうか。

 

お姑さんもお嫁さんも、お互いに一歩譲った考え方なら良いのですが、世の中そんないい人ばかりではありません。お互いに自己主張が強いとぶつかり合ってストレスになってしまうこともあります。

ぶつかり合わなくても、思ったことをお腹にため込んでいるなら、結局どちらにしても大きなストレスになりますよね。

結婚に嫁姑問題はつきものですが、どんなことがストレスになっているのでしょうか。

 

姑の行動や言動がストレスになるよくあるケース

 

姑の行動や言動

 

育ってきた環境や時代背景もまったく違う姑との行動や言動は、理解しがたいと感じる女性が多いです。嫁目線でみる姑の行動のストレス、お嫁さんが姑に感じているストレスにはこんなことがあります。

 

いちいち口出ししてくる鬼姑

料理の味にいちいち文句をつけてくる
別居している姑が家に遊びに来るというので、私の手料理で一緒に食事をしました。

  • 「息子はこういう味付けは好きじゃない」
  • 「こんな塩分の高いものを食べていたら病気になる」

とか料理の味にいちいち文句をつけてくるんです。

 

義両親に子供の名前を勝手に付けられそうになりました。
孫が生まれるのが嬉しいのは分かるけれど、名前の候補を勝手に決めてきて、「この中からつけて欲しい」と言われました。旦那がいいなりなので抵抗することができませんでした。名前を付けることを楽しみにしていたのに、がっかりしたというケースでした。

 

今の子育ての感覚を知らないくせに、古臭い考えを押し付けてくるのでうんざりします。
子育てについて、旦那と相談して決めているのに、いちいち口を出してくるのをやめて欲しいです。「幼稚園はここにしろ」とか、「そんな派手な洋服を着せるな」などです。

 

妊娠中に同居している姑の存在や悪意のない言葉がストレスに

 

「孫はまだ?」としつこく言われる
不妊治療をしているなんて言えず、その話が出るたびにストレスを感じます。

 

妊娠中でつらい時期にネガティブ思考の姑がいちいち心配してそれに対応していると本当にストレスです。

 

家事を手伝ってくれるようなやさしいお姑さんならいいんですが、妊娠中の体調が辛い時期や育児中の大変な時期に世話をしなきゃいけない人が1人増えるというのは本当に辞めてほしい。

 

自分のやり方を押し付けてくる

「私が若い頃はこうだった」と自分のやり方を押し付けられるのは迷惑です。
年齢を重ねるごとに、頑固になる人が多いです。人は人、自分は自分という考え方ができないんですよね。旦那のお母さんなので「時代が違うんだよ」とも言えないし。

 

「私が若いころは、子供のおしめは愛情をこめて手縫いしてましたよ」と紙おむつを使っていることに対して嫌味を言ってきたりします。

 

「母乳で育てるのが当たり前なのに、保育園に預けて仕事なんていい気なもんね」って言われて腹が立ちました。

 

「あなたの息子さんの収入だけでは食べていけないんです。家事と育児で大変だけど、外で仕事もしているんです。それをねぎらうこともできないのかよ」って、頭に血が上ってイライラしました。

 

親のしつけが悪いから、旦那は家では家事も育児も何もしません。

 

息子を取られた腹いせに嫌味を言ってくる義母

母親というのは、息子を小さい恋人のように錯覚している人もいるから怖いですよね。嫁ができると、可愛い息子を奪われたという気持ちになって仕返しをしてくるのが腹立たしいです。

 

聞こえるように「前に付き合っていた彼女の方が良かった」などと言われてイラッとしたことがあります。

 

たまたまファストフードを買ってきて食べていたら、急に押しかけてきて、チクチク嫌味を言われました。「今のお嫁さんはこんなものを夕食に食べさせるの?」と、呆れた顔です。「自分はちゃんとやっていたのに、あなたにはできないのね」と言われているようで腹が立ちます。

 

姑が若かった頃は、専業主婦だった女性が多いので、今の女性の大変さが理解できないんだなと感じます。今は主婦だってランチ会やゲーム、スポーツなど楽しみながら生活するのが当たり前な世の中です。こういうことが、古い頭では理解できないのかもしれません。

 

ダンナが姑の味方をする

嫁姑問題でストレスを溜めているときに、仲裁に入る旦那さんの力量も大きく影響してきます。
実家に同居しているのであれば特に、旦那さんが姑の肩を持つような言い方をすると、お嫁さんは大きなストレスに感じます。

例えば「お義母さんにいつも嫌味を言われる」と旦那さんに相談しても
「そんなわけないだろ、お前がちゃんとしないからだ」という風に話をきちんと聞いてくれません。

姑と息子はずっと一緒に生活してきているのですから、お嫁さんは肩を持ってもらえないと孤立した状態になります。

 

例えば二人きりになったときに「お前が頑張ってるのはよくわかっている、いつもありがとう」などと旦那のフォローがあれば嫁のストレスも軽減します。

 

理解している旦那さんなら、ストレスも溜まりにくいのです。

 

姑から見たストレスが溜まる嫁の行動や言動

 

では逆に、お姑さんが気になってしまうお嫁さんの行動や言動にはどのようなものがあるでしょうか?相手のことを理解しておけば多少はストレスも減ってくるかもしれません。

 

嫁姑問題のストレス

 

人生経験が長くなると、若い方の至らない点が気になってストレスに感じることも多いです。特に今の若いお嫁さんは、豊かでなんでも手に入る時代に育っているので、「わがままになっている」と感じている方も多いですよね。

 

お姑さんがストレスに感じる、お嫁さんの行動や言動をまとめてみました。

 

家事の手を抜く

スーパーやコンビニに行けば、手軽なお総菜や冷凍食品が並んでいる時代、お嫁さんの手抜き料理が気になります。仕事をしているからといって、いい気になり過ぎでストレスに感じます。

 

せめてお総菜を買ってきても、お皿に盛り付けるくらいの工夫があっても良いと思いませんか。パックのまま食卓に出して、息子にそんなものを食べさせているなんて信じられないです。

 

洗濯物はきちんと叩いてから干さないと、しわしわのままなのに、適当に干している嫁が信じられません。アイロンもかけないシャツを息子に着せていて、情けなくてストレスに感じました。

 

子育てをきちんとしていないと感じる

私の若いころは、いつも赤ん坊をおぶって家事をこなしたり、買い物に行くなどしていました。

 

息子の嫁は、まだ1歳にも満たない子供を、バギーというベビーカーに乗せて買い物に行きます。あんなものに乗せたら、背骨が曲がると教えてやっているのにも関わらず、乗せるのをやめません。せっかく教えてやっているのに、かわいげがなくて本当にイライラします。

 

息子の世話をきちんとできない

一家の主である息子が残業をして遅くに帰ってきているのに、起きて待っていないので呆れてしまいます。私が若いころは、いつでもお風呂にはいれるように準備をしたり、夜食を作って待っていました。

 

朝も一汁三菜で送り出しなさいと言っているのに、トーストとサラダだけで栄養がしっかり摂れているのか息子が心配です。

 

月に1回くらい、息子に子供を預けて、友達と夜に出かけて居酒屋やカラオケに行っているらしいのです。一家の主婦ともあろう存在が、遊びに興じて夜に家を留守にするなんて、情けなくてストレスに感じています。

 

「自分の若いころはしっかりと、育児も家事もこなしていた」というプライドを持っている女性が多いようです。

 

今の若い人はどうして同じようにできないんだろうと、ストレスになっているようですね。

 

嫁と姑は同居していることがストレスになるケースが多い

 

最近はあえて同居しない家庭も増えていますよね。
一緒に住んでお互いにストレスを溜めるより、離れて暮らしてたまに会う位がちょうど良いのかも知れません。

 

例えば「うちのお嫁さんは、ずっとやらないだろうかと待っているのに、いつまでたっても掃除をしない」などとイライラしてしまいますよね。

 

「夜はもっと孫と遊びたいのに、夕食を終えるとさっさと孫を連れて自分の部屋に戻ってしまう」などと不満を溜めてしまいます。

 

嫁と姑の間で起こるストレスはお互いに主観的に考えていることが原因

 

お互いが自分の考え方を押しつけていると、それがストレスになります。

 

相手は相手、自分は自分という広い心を持たないと、必ずひずみが生じます。

 

例えば「お嫁さんはどうして私がこんなにしてあげているのに、感謝の言葉ひとつも言えないんだろう」とイライラがつのります。
例えば「お姑さんはどうして私が自分で考えて家事をやろうとしているのに、いちいち口出ししてくるんだろう」という具合です。

 

表面的にお互いに気を使って、上手くやっているように見えても、お互いにストレスを溜めていることもあります。

 

血縁関係なら言いたいことを言っても大丈夫なのに、言えないことがお互いにストレスになっています。

 

血縁関係にある親子でさえ、相性が悪い場合もあります。

 

嫁姑は、元々他人なのですから、相性が悪くても、ある意味当然かもしれませんね。
一方で本当の親子か、それ以上に仲良くやっている嫁姑もいるので、上手く行けば楽しい毎日になる場合もあります。

 

ストレスを受ける影響を減らす自分でストレスを大きくしないリセット(回復)するということも心がけて受けるストレスを小さくしていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る