セックスレスの強いストレス / ストレスの原因と解消方法

セックスレスの強いストレス

セックスレスの強いストレスからの解放

ストレス社会といわれている今日この頃ですが、癒しの場所である家庭内は大丈夫なのでしょうか。夫婦のあいだの悩みやストレスとしてよく挙げられているのが、「セックスレス」です。夫や奥さん、彼氏や彼女がいるのにセックスができないストレスです。

 

セックスレスのストレス

 

そう、つきあったり結婚して夫婦になったりして、年数がたつにつれて、いわゆる「夜の夫婦生活」がなくなってしまった、と嘆く人が多いのです。セックスレスが与えるストレスは、非常に大きいものです。男性の場合だけでなく女性の場合でも「自分はもう夫に愛されていないのではないか」「女性として見られなくなってしまったのではないか」と悩み、大きなストレスを抱えることになるのです。

 

セックスレスは、法律で離婚の事由として認められるくらい辛いものであり、夫婦にとって危機的な状況であるといえます。

 

ストレスの原因の中でも特に厄介なのがセックスレスが原因のストレスです

 

セックスレスは、人間の欲求、というか生物としての欲求がずっと満たされないままでいるわけなので相当ストレスがたまります。しかも本来あなたがセックスをする相手である相手があなたのセックスを拒み、その相手が他の人とセックスを許してくれない。「じゃあどうすればいいの!?」という葛藤を抱えることになるわけです。

 

実はセックスレスのストレスは相手がいるので人間関係のストレスのようですが、自分の中から湧いてくるストレスになります。

 

他の人間関係のストレス、例えば会社の嫌な上司や姑から受けるストレスのような相手から攻撃のように受けるストレスとセックスレスのストレスは違います。(直接攻撃のストレスも合わさってくる場合も多いですが)

 

そのため、人間関係で相手から受けるストレスの影響を減らすという方法も通用しません。しかも、ストレスが大きいため、リラックスタイムを取ることも邪魔するので非常にやっかいです。

 

このセックスレスによるストレスの問題の解決方法は色々と調べてはみたのですが、多くの人が求めているような一発逆転するような解決策はありません。相手との関係の改善で根本的にセックスレスを解決するか、ストレスが平気になるまで一時的に別の相手と関係を持つしかありません。

 

セックスレスの解決策についてはセックスレスの原因がいろいろあり、原因ごとに解決策も違うためこのサイトの趣旨と異なるので別のサイトを紹介しますが、セックスレスを解決するときにも”ストレス”は問題解決の成功率に大きな影響があるのでその点を解説します。

 

みんなセックスレスの解決について最悪のタイミングで話してしまう

 

セックスレスを解決するために相手と話をする時、通常は一番良くないタイミングで話をしてしまいます。というか、一番よくないタイミングで我慢できなくなって話したくなってしまいます。

 

普段は我慢しているけど、性欲が我慢しきれなくなって相手に何かを言う。我慢の限界がきて爆発しそうなところで(もしくは爆発した状態で)相手に話をするのであなたが冷静でいられるわけがありません。感情的に何かを言われたって相手は嫌な気がするだけです。なので、そういうタイミングが一番話したくなるけど一番話してはいけないタイミング、タイミングとしては最悪なんです。

 

そこで、対応策として、ちょっと書きにくい話にはなりますが、男性の場合は自慰行為で、もう出ないくらい出した後に話を切り出す、女性の場合は月の周期で性欲が一番無いタイミングで話を切り出すんです。

 

つまり今なら拒まれても「まいっか」と思えるタイミングで話すということです。

 

実際は話しにくい話題なので、そのタイミングではなかなか話そうという気が起こりません。しかし、相手からの影響を受けにくく、冷静に話せるタイミングもその時なのです。

 

セックスレスのストレスから開放されるには

 

セックスレスのストレスから開放されるには基本的にはセックスレスから抜け出すしかありません。そのために、まずはセックスレスのストレス状態から自分の状態を整えること。冷静に話せる、時間がかかっても焦らず冷静に行動できる状況になるまでストレスをなくします

 

そうしてはじめてセックスレス解消のための行動に移ります。いろいろなセックスレス解消法などを読んでも、やはりセックスレスのストレスから開放されるには、「夫婦のあいだのセックスを復活させること」、これに尽きます。性欲の問題だけではなく、セックスレスは、精神をも破壊してしまうほどのストレスを与えるものなのです。

 

とはいえ、しばらくセックスとはご無沙汰だったのに、いきなり「じゃあ、しましょうか」というムードにはなりにくいでしょう。セックスレスを解消したいがために躍起になってしまうことで、またストレスを増大させることにもなりかねません。ストレスが男性の身体的機能に与える影響は大きく、セックスしたい気持ちがあっても勃起しないということもあるのです。ストレスを解消していくことで、セックスレスの解消にもつながっていく可能性はあるのです。

 

いきなりセックスレスが解消する魔法のような方法を求めるのではなく、夫婦円満セックスレス解消法(外部サイト)に書かれた方法などを正しいやり方で少し時間をかけて試してみることで、セックスができないという強いストレスからも次第に解放されていきます。

 

また、場合によっては状況を改善することができないケースもあります。その場合はストレスの直接の影響を弱める方法と、ストレスの無い時間を意識して作る習慣と、自分でストレスを増幅することを止めることを使えば、受けるストレスの影響はかなり減らすことができます。

 

夫婦やカップルのストレス解消方法

 

ストレスを解消するにはセックスレスを解決することと一言で言いましたが、各々のカップルごとに、その方法は違うと思います。夫婦のセックスレスの原因と、恋人同士のセックスレスの原因は違うことも多いでしょう。また、その夫婦その夫婦で、セックスレスにいたった原因は異なるわけで、それに絡むストレスも様々だからです。

 

■男性が仕事のストレスでその気になれず男性が拒否するセックスレスの場合

 

たとえば、男性の仕事が忙しすぎてストレスを多大に抱えてしまい、セックスレスになった場合はどうでしょう。男性がセックスを拒否するセックスレスのケースでよくあるパターンの一つですね。ストレスを取り除くのに一番いい方法は仕事をやめることかもしれませんが、そうはいきませんよね。そうなると、女性が男性のストレスを取り除いてあげるために愚痴を聞いてあげたり、思い切り甘えさせてあげたり、休日には気分転換に出かけたり、と色々と案が出てきます。

 

ストレスを解消してあげたいという女性の優しい思いが伝われば、男性の気持ちも変わっていくかもしれません。

 

また、夫婦円満セックスレス解消法(外部サイト)のような方法で、あなたとのセックスが男性の癒しになるような関係に戻れば、自然とセックスレスは解消します。

 

でもこれ、セックスレスでストレスを抱えすぎていたらイライラしてこんなことできないですよね。だからまずはストレスを抱えてしまった自分の状態を立て直すことが大事です。

 

■女性が日常のストレスでその気になれず女性が拒否するセックスレスの場合

 

女性が何らかのストレスを抱えていてその気になれず、セックスレスに至ってしまったという場合も多いでしょう。男性が拒否されるパターンですね。女性は男性ほどの性欲がない場合が多いので、男性が誘ってきても拒否し続けてしまい、そのうちセックスレスになってしまうこともあるのです。

 

女性のストレスを取り除くには、やはり男性が親身になって話を聞いてあげること、女性を第一に考えて優先してあげることではないでしょうか。とは言ってもこちらもセックスレスでストレスを抱えすぎていたらイライラしてこんなことできないですよね。だからまずはストレスを抱えてしまった自分の状態を立て直すことが大事です。

 

ストレス解消法と一言でいっても本当にいろいろなやり方があり、相手にあった方法を見つけることが大事です。

 

ストレスを溜め込みすぎてしまっているときの妥協案

 

自分の状が大事とはいっても、すでにストレスを溜め込みすぎてしまいストレスがあまりにも大きい状態だと、今なら拒まれても「ま、いっか」と思えるというタイミングがないかと思います。

 

そんな場合は、これはあくまで一つの方法として、選択肢の一つとしての話ですが、別の相手とセックスをするという事です。

 

「はぁ!?ふざけんなよ」と思うかもしれませんが、思い込みを外していったん聞いてください。

 

だって、そのままの状態でいたら、いつか我慢の限界が来た時が夫婦関係や恋人関係の終わりのときですよね。

 

他の相手とのセックスなんてしない方が良いに越したことはないです。それはそうなんですが、状況によってはその価値観を守ることによって、より最悪の状況(離婚やイライラから家族関係の崩壊)が起こる可能性があるということです。

 

離婚や別れが来るとしても、それでも浮気をするよりマシという考えならいいんです。我慢できる限界まで我慢するのも選択肢の一つです。

 

でも、ストレスがたまりすぎて子供にまで辛くあたってしまったり、関係ない人にまでイライラしたり・・・そんな自分になるのって嫌じゃないですか?

 

セックスレス解決の手段はいろいろありますが、それを知ってもあなたがストレスがたまりすぎて冷静でいられなければそれを実行することもできないかもしれません。でも、あなたが冷静でいられるなら解決するための行動を焦らずに行うことができて、それによってセックスレスが解決するかもしれません。

 

少なくとも、いったん溜まりすぎたストレスから開放されれば子供や関係の無い人にまで当り散らすことはなくなるでしょう。

 

離婚や別れといった最悪の状況を避けるためには「良いことではないけど、最悪の状況を避けるための一時的な対策」として、一時的にそういう選択肢を選ぶのも一つの手ではあります。(もちろん推奨しているわけではありません。我慢できる状況なら我慢しましょう)

 

他の相手とのセックスに溺れるということではなく、「あなたが冷静さを取り戻すための手段として一時的に」ということです。

 

ただし、これは大きなリスクも伴いますので、かなり慎重になる必要があります。バレてしまったらそのことがきっかけで最悪の状況になってしまいますからね。

 

例えば相手を選ぶ場合もただセックスがしたい相手ではなく、自分と同じ状況の相手を選ぶのが大事です。

 

本気の恋愛に発展しない相手、お互いに割り切りでできる相手を選ぶということです。どちらかが本気になってしまうのが1番良くないパターンです。自分が本気になってしまうのもよくないし、自分は大丈夫でも相手が本気になってしまうと面倒なことになります。

 

だから、自分と同じ状況の相手つまりセックスレスで拒否されている相手で、かつこの「冷静さを取り戻すために一時的に」という考えでいる相手というのは、お互いに相手の状況がわかりお互いに気を使うことができてベストなんです。

 

そういうワリキリの相手をどうやって探すか

 

とはいえそういう相手をどうやって探すかが問題です。

 

昔はそういう相談を受けてそういう人たち同士をつなぐこともしていたのですが、結局好みの問題もあるのであまりに大変すぎて今はとても時間が取れません。

 

男性にしても女性にしても容姿の良い人はすぐに相手が見つかるのですが、そうでない場合相手がなかなか見つからず、その対応が大変すぎるのと、時にはなぜかストレスの矛先が無償で紹介をしている私に向くんです。まあ、ストレスを抱えていれば仕方がない事ではあるのですが、そうは言っても私も仕事もありますし、ちょっと対応するのが大変すぎるので。

 

なので、すぐに相手が見つかりそうな方以外は今は紹介はしていません。

 

容姿に自信のある方は写真つきでご連絡くださればタイミングによっては協力できるかもしれません。人数の多い東京都内もしくは大阪、福岡、名古屋、札幌のいずれかに出てこれる方のみです。それ以外の地域のかたでもこのどこかに来れる方なら大丈夫です。その地域に相手がいるかどうかはその時のタイミング次第です。(どの地域なら大丈夫かも教えてください)

 

あとは相手が見つかったら連絡しますので待っていてください。

 

相手にあなたの写真を見せることはありませんので安心してください。メールのやり取りで「こういう感じの人はどうですか?」と伝えて「会ってみたい」とお互いになったらセッティングします。お互い会うまで相手の顔はわかりません。実際会ってみて「やっぱり止める」というのもありです。もういきなりホテルでというのもありです。お互いの要望が合ったら紹介します。

 

それと、お金のやり取りは絶対にしないでください。ホテル代を出すことや食事をおごるなどは良いですが、お金のやり取りをすると犯罪になってしまうので。交通費として渡すなどもNGです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る