ママ友との人間関係のストレスでよくあるケース / ストレスの原因と解消方法

ママ友との人間関係のストレスでよくあるケース / ストレスの原因と解消方法

ママ友とのお付き合いで感じるストレスとは?

 

ママ友とのお付き合いは、いつもの友達関係と同じようには行きません。
自分自身の学校や職場なら、意気投合した相手と友達になって、食事に行ったり遊びに行ったりすれば良いですよね。

しかしママ友というのは、家が近所だったり子供の幼稚園や保育園や学校が同じという理由で、仲良くしなければなりません。

 

生活水準の違いがストレスに

同じ地域に住んでいるからと言って、みんな同じような生活水準ではありません。狭いアパートに住んでいる人もいれば、広々とした一軒家に住んでいる人もいます。
専業主婦で年収1千万以上のお医者さんの奥様もいれば、夫婦共働きでなんとかやりくりしている家庭もあります。

 

決して嫌味を言っているつもりでは無くても、生活水準の差でお互いに共感できない関係が、大きなストレスになります。

 

仲間外れにされる

特に悪いことをしたわけでもないのに、あからさまに陰口を言われたり無視をされることもあります。自分だけ知らないLINEグループで他のママ友たちがやり取りしていたり、ランチ会が開催されているのに誘われなかったりという感じです。

 

女性は特に自分や自分の家庭と、ママ友やその家庭を比べて嫉妬するということも少なくありません。
自分は自慢をしていないつもりでも、何か気に障ることがあれば、仲間外れになることもあります。

仲間外れにしている方も、されている方も大きなストレスを感じています。

 

性格が合わない人とも付き合わなければならない

子育てが始まるまでは自由に友達を選べたのに、ママになった途端に地域や子供の学校や園に縛られるようになります。
ママ友は友達じゃないと言っている方も多いように、本当の友達になれる関係性の方が少ないのです。

 

表面的にはニコニコしていても、帰ったらそれぞれのママさんがどっと疲れを感じます。
子供が学校や園で嫌われないように、細心の注意を払わなければならないという気負いもあって、大きなストレスになります。

 

例えばママ友5人グループだったとして、4人がこのファミレスで食事をしようと、話が盛り上がったとします。
最後の1人のママがそのファミレスは、美味しくないから嫌だと反対すれば、美味しいと思っている4人は、気分を害して人間関係が悪くなることもあります。

 

趣味や話が合わなければ、普通の関係なら疎遠になれば良いのですが、子供が絡んでいるとどうしても関係性を断ち切れない場合が多いのです。
ささいなことでも、簡単に嫌いだと避けて通れないので、ストレスが多くなるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る