受験のストレス / ストレスの原因と解消方法

受験のストレス

「ストレス」と「受験」は切っても切れない関係

「ストレス」と「受験」は、切っても切れない関係にあるような気がします。早い子は幼稚園の受験から始まり、小学校の受験、中学受験、高校受験、大学受験と何度も受験戦争を戦う人もいます。幼稚園や小学生の受験ではそこまでストレスを感じることはないとしても、中学受験・高校受験・大学受験と進んでいくにつれてストレスは大きくなっていくことが多いようです。

 

また、受験に失敗して浪人してしまった場合はさらに1年間長くストレスにさらされることになりますし、通常の受験以外のプレッシャーも受けることでよりストレスが強くなりやすいです。

 

受験戦争に打ち勝つということは、ある意味、背中に漬物石のように乗っかっているストレスという重圧にも打ち勝つ、というこのような気がします。受験生のあいだは、ひたすた押し寄せてくるストレスとの戦い、といった感じでしょうか。

 

「この受験戦争に勝てなかったら、人生が狂う」という、ある意味脅迫めいたストレスを日々感じつつ勉強に励む若者は非常に多いことでしょう。

 

また、受験自体でストレスを感じるというより、受験の時期の親・両親からのプレッシャーや「勉強しなさい!」という圧力がストレスになっているというケースもあります。

 

受験の時期の親・両親からのプレッシャーや「勉強しなさい!」という圧力がストレスになっている

 

ストレスなど一切感じたことはない、という受験生など、この世に存在しているのでしょうか。ストレスと無縁という受験生がいたなら、是非お目にかかってみたいと思います。

 

ストレスが受験生に与える影響

 

ストレスが受験生に与える影響というものは、いったいどんなものがあるのでしょうか。よく聞くのは、受験当日にいきなりおなかが痛くなり、下してしまって、受験どころじゃなくなった、ということでしょうか。これは、受験生のみならず、社会人になってもよく経験する「ストレスの影響」ではないかと思います。

 

大事な場面でおなかが痛くなってどうしようもなくなること、あなたにも経験はないでしょうか。「大事な場面」であればあるほど「ストレス」は増大し、体を攻撃してしまうのでしょうね。大事な試験を目前にしている受験生は、特にストレスとうまく付き合う必要があるなと感じてしまいます。ストレスのせいで、人生の一大勝負である受験に失敗してしまうなんて、泣くに泣けないですものね。

 

受験生がストレスを感じないようにするためには

 

受験当日は、できるだけストレスを感じないようにする工夫をしていきたいものですね。でも、具体的には、受験生がストレスを感じないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。ストレスというものは目に見えないものなので、どうやって対処すればいいのか分からない、という意見もあります。

 

ストレスを解消する方法とは、その人その人によって違うものなのでしょうが、万人に効果がありそうなものといえば、ズバリ「入浴」でしょうか。

 

自分の好きな香りの入浴剤などを入れて、適温の湯船にゆっくりとつかるだけで、ストレスはだいぶ軽減されるように思います。ストレスを多大に抱えているという勤勉な日本人は、「お風呂が大好き」というイメージがありますが、無意識のうちに入浴で解消しているのではないでしょうか。

 

ストレスフルな受験生の皆さんも、お風呂で英単語や歴史年表を覚えたりしていないで、受験のことを忘れてゆっくり湯船に浸かってみてはいかがでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る