多くの人は自分でストレスを大きくしている / ストレスの原因と解消方法

多くの人は自分でストレスを大きくしている

多くの人は自分でストレスを大きくしている

ストレスは長く受け続けることでより強化されていきます。それは多くの人がわかっていると思いますが、実は多くの人が自分自身でストレスを大きく増幅しているのを知っていますか?このことを知ってこれを止めるだけで、ストレスの影響はかなり減らすことができますのでぜひ覚えておいてください。

 

例えば上司や姑さんに嫌なことを言われた時。そんな時に相手がその場からいなくなったともそのことについてずっと考えてしまうと思います。

 

言われたその瞬間にイラッとするのは仕方ないです。しかし、上司や姑がいなくなったあとも「あんなひどい言い方ないじゃん」「お前にそんなこと言われる筋合いはない」「マジでムカつく」と頭の中でぐるぐるぐるぐる考え続けてしまいますよね。その考えている間ってイライラがどんどん溜まっていくんです。

 

この時間が長くなればなるほどストレスは大きく膨れ上がっていくんです。

 

考える時間で雪だるま式に膨れ上がるストレス

 

雪だるま式に膨れ上がるストレス

 

「考えている時間でストレスが増えていく?」と思ったかもしれません。

 

でも、よく考えれば当然ですよね。イメージですけど、ガンと100のストレスショックを受けたとして、その後、「あんなこと言われてムカつく」とか、「あいつ本当マジウザい」とか、「いつもいつも何なんだよムカつく!」とか、そうやって考えている時間はどんどんストレスが積み上がってきます。100だったストレスが101、102、105、110と増えていき、その時間が1時間も2時間も経ってくれば、200、300と大きくなってしまいます。

 

これを二次感情なんて言ったりもします。

 

思い当たりませんか?楽しいことでもネガティブなことでも、最初の感情があって、そのことを考えているうちに大きくなっていく。

 

ストレスも同じで、最初にストレスを受けた時よりも、そのことを考え続けてさらにストレスが増えていく感じです。

 

でも、考えたところで何の解決にもならないんですよね。

 

それどころか、意地悪な相手からしたら、100のストレスを与えただけで自分で勝手に増幅させて200・300・400と増幅してしまって、まさに相手の思うつぼです。

 

だからそれを止めましょう、自分でストレスを大きくするのを止めましょうって話です。

 

普段かなりイライラしていたのが、実は半分以上は自分の頭で増幅させていた分のイライラだったとしたら、ストレスの根本的な原因は消せなかったとしても、自分で大きくするのを止めれば受ける影響は半分以下に減らせることになります。

 

まずは頭の中でこういうことが起こっているという事を知って、そしてその事がストレスを大きく増幅していることに気づいて、考えるのを止めるということです。

 

それをなくすだけでだいぶストレスの影響は減らせます。

 

そうは言ってもすぐにいきなり考えなくするのは難しいでしょう。

 

最初のうちは「そうは言ってもムカつくから考えるのが止まらない」という感じだと思います。それでもいいんです。考えてしまうけど、考えることが良くないということをわかっていれば、時間がたつにつれてだんだん考える時間が短くなっていき、しばらくしたらパッと止めることができるようになります。

 

まずは気づくこと。止めようとすること。止められなくても焦らず止めようという努力を続けること。

 

  1. 頭の中でこういうことが起こっている事を知る
  2. その事がストレスを大きく増幅していることに気づく
  3. 考えて増幅するのを止める

 

ストレスを受けたらできればその瞬間にそのことを考えるのを止めることが大事です。
その瞬間にはできなくても、できるだけ早く考えるのを止めることが大事です。

 

ストレスを長く受け続けない、受けたらできるだけ早くリセットすることで、かなり受ける影響は軽減できますよ。

 

そのための一つの秘策があります。

 

ストレスを自分で大きくしない方法

 

ストレスを受ける場合って「特定の相手」がいることが多いですよね。上司とか姑とか旦那とか笑

 

そんな場合にかなり有効な対処方法です。

 

これは「見立て」を使った一つのやり方なのですが、ストレスを受けた時に、受けたストレスを封印して貯めておく「パンドラの箱」のようなものをイメージで作っておくということです。

 

ストレスって結構大きなエネルギーなんですよ。だってストレスが溜まりすぎて爆発したら普段おとなしい人がキレたりしますもんね。

 

パンドラの箱にストレスのエネルギーを貯めておくんです。そして「ここぞという時」にパンドラの箱を開けて今まで貯め続けたエネルギーを一気に使って闘います。

 

相手を倒すためのエネルギーを貯めていくイメージです。

 

やり方は簡単です。

 

  1. 自分の頭の上あたりにストレスを貯める箱があるイメージをする
  2. ストレスを受けたらすぐにそのストレスをイメージの中でパンドラの箱に入れる

 

これだけです。ストレスを受けたらすぐにそのストレスのエネルギーを(イメージの中で)パンドラの箱に入れる。
受けたストレスが大きいほど大きなエネルギーを入れるイメージです。

 

イライラしたり文句を言ってるときはパンドラの箱に入ってません。エネルギー漏れてます。
相手からエネルギーをもらうイメージではなく、イライラで自分から漏れてしまうエネルギーを漏らさずに貯めておくイメージです。

 

そうやって貯まれば貯まるほど、パンドラの箱を開けたときのエネルギーは大きくなり、今は到底かなわないような相手にも今まで貯め続けたエネルギーを一気に全開放して使って一度だけ立ち向かうんです。

 

パンドラの箱を開けるのは会社を辞めるときや離婚するときとは限りません。ここぞという時に話し合いでエネルギーを使って、それを機に関係が改善するかもしれません。

 

と言っても、あくまで見立て、物理的なエネルギーが実際に貯まるわけではないので、「どんどん貯めてやる」なんて思わないでくださいね笑

 

あくまでストレスの影響を受けないための一つの方法ですからね。

 

ストレスは考える時間で増幅するという話をしましたが、これをすることであなたの中にストレスを貯めないで済みます。

 

そうは言っても面白いもので、いざパンドラの箱を開けて戦うとなったときはけっこうすごいエネルギーが湧いてくるんですよ。

 

しかも、ストレスを溜めすぎてガマンの限界を越えて爆発したときのような冷静さを失った感情的な感じではなく、冷静に、でも心の中には強い意志を持って戦うことができます。不思議ですね。

 

もちろん、一生開けずに使わないで済めばそれに越したことはないんですけどね。

 

この自分でストレスを増幅することを止めること、そしてストレスの無い時間を意識して作る習慣と、ストレスの直接の影響を弱める方法を使えば、環境が変わらずとも受けるストレスの影響はかなり減らすことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る