ストレスの原因 / ストレスの原因と解消方法

ストレスの原因

ストレスは現代人の大きな悩み、原因をなくして解決しよう

ストレスはもはや現代人にあって当たり前と思えるくらい、多くの方々がこれを感じているものです。どんな人間でも、ストレスは感じてしまいますし、人間だけでなく動物ですら、これを感じてしまうのです。何も考えていなさそうな人でも、ストレスは持っていますし、大人も子供も関係がありませんね。

 

では、このようにある種普遍的とも言えるストレスを、人々はどのように向き合って生きているのでしょうか。

原因がわかれば解決方法も見えてくる

ストレスの原因がわかれば解決方法も見えてくる

 

ストレスを多く抱え込んでいけば、それはやがて身体の健康を害するようになってくる場合もあります。あなたがストレスを抱えてしまう原因を、十分に理解をしていると言うのであれば、それは解決できる事だと思います。

 

確かに、ストレスを根本から解決するとなると、大きな決断を強いられるという場合もあるでしょう。しかし、そのストレスが、それほど負担とならない程度ならば、自分の好きな事をして、緩和させていけば良いでしょう。

 

うまいストレスの解消法が分からないという方は、インターネットなどでストレス解消法を調べていくのも、手の一つではないかと思います。

考え方がストレスの原因?ストレスを溜めやすい人の考え方の特徴

ストレスは考え方で違ってきます。

 

同じことが起きてもそれを「楽しい」と思う人もいれば「面倒くさい」と思う人もいます。

 

例えば、掃除が好きな人は掃除をするのが楽しいし、そうでない人は掃除は面倒くさいですよね。

 

ストレスも同じで、同じことが起こってもストレスに感じやすい人とストレスを感じない人がいます。

 

もちろん、ストレスの原因は考え方だけではないし、「それは誰がされてもストレスでしょ」というようなこともありますが、ストレスを溜めやすい人はいろんなことでストレスをためてしまうということもあるので、ストレスを溜めやすい考え方をしていないかどうか、気をつけてください。

 

ストレスを溜めやすい考え方は、精神的にストレスを溜めやすい人の考え方の特徴という記事(外部サイトです)が参考になります。

 

  • 完璧主義
  • 過度の一般化
  • 否定的な心の色メガネ
  • マイナス思考
  • 結論の飛躍
  • すべき思考
  • 拡大解釈・過小評価
  • レッテル貼り
  • 〜してくれない思考

 

などが紹介されています。こういう考え方の特長がある人はストレスを貯めやすいので注意が必要ですね。

 

ほかにも、察してほしい(言わなくてもわかってほしい)とか、主体的ではなく「〜のせい」(他人や状況のせいにする)という依存的な思考などもストレスを溜めやすいですね。

 

ここで、もし自分がストレスを溜めやすい考え方をしていたとしても・・・

 

全然大丈夫です!

 

気づいていなければ無意識にそういう考え方を続けてストレスを貯め続けてしまいますが、気づいたなら少しずつ変えていけばいいです。

 

これまでのクセもあるのでいきなり完璧に直すことはできませんが、「あ、またやってしまった」と気づいて止める、次はしないようにする、その繰り返しでどんどんストレスを溜めやすい考え方を減らしていくことができるようになりますよ。

原因を調べてみると、色々な事がわかる

ストレスを作り出す原因を調べてみると、色々な事がわかってきます。ストレスは、どのような場所でも、生み出されてしまうもので、その感じ方も人それぞれとなっています。仕事をしていてストレスを感じるという、つまり仕事や職場でストレスを感じている方が、やはり一番多くいるようですね。

 

しかし仕事といっても、そこでの人間関係や仕事内容と、ストレスを生み出す原因となる部分は多く細分化されていきます。
学生だって、学校生活でストレスを感じるようになってくるという場合もありますし、部活でそれを感じる場合もあります。生徒同士、友達同士でうまくいかずにストレスをためてしまうという方や、生徒とうまく関係を築けないと思っている先生もいるでしょう。

 

また、家庭でストレスをためていってしまうという場合だって多くあるのではないでしょうか。家庭の場合は、家庭の環境であったり、兄弟関係であったり、親子関係であったり、夫婦関係であったりで、ストレスを感じてしまう事です。

 

ストレスを生み出す原因は、ここで説明するだけでも、これだけ多く存在していると分かって頂けたのではないかと思います。それだけストレスというものは、我々の身近にあり、誰にでも共通となっている問題だと言えるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る