夫婦関係のストレス / ストレスの原因と解消方法

夫婦関係のストレス

夫婦関係でストレスを感じるというケース

ストレスというと、職場や学校など、家の外で起こることに悩まされているといった印象がありますね。でも実は、ストレスは、家の中でも感じることは多いようです。特に、夫婦の間でストレスを感じるというケースは、非常によくあることのようですね。

 

「旦那がムカつく」「旦那 嫌い」などの検索数の多さや検索したときに出てくる検索候補を見ると旦那さんにストレスを感じている主婦のかたの多さに驚きます。また逆に「嫁がムカつく」「嫁 嫌い」「バカ嫁」という検索数も多いですね。こちらは旦那さんというより姑が検索しているケースも多い気がしますが・・・

 

ストレスになる行動や言動としてよくあるケースを「旦那がストレスになるケース」「嫁がストレスになるケース」と順に見ていきましょう。

 

ストレスになる旦那(夫)の行動や言動のよくあるケース

 

旦那のことが理解できない?女性と男性の感覚の違いをみてみましょう。

 

旦那の行動や言動

 

好きで結婚したはずなのに、ずっと一緒にいると旦那の許せない行動や言動が、目立ってくるようになります。
女性と男性は根本的に違うと言いますが、女性は男性に対してもう少し思いやりのある態度をとっても良いと感じることが多いようです。事例をいくつか挙げてみます。

 

「家事は手伝っているだろ」という感覚が許せない

最近は夫婦共働きが増えていますが、それなのに家事をする男性って、かなり少ないのが日本の現状です。

女性は子育ても中心になってすることになりますし、男性よりも体力がありません。ですが、旦那より早く起きて朝食の支度をして、夜は旦那がテレビを観ている間も食器の後片付けです。

 

「俺はゴミ出しをしっかりやってるんだから、お前も文句を言わずに家事やれよ」

 

なんて本当に頭に来ます。ゴミなんて出勤の時に、運ぶだけじゃないですか。妻が疲れても家事をしているのに、ゲームをしたりテレビを観て大笑いしているのに本当に腹が立ちます。

 

旦那のはずがまるで長男のよう。子供っぽさがストレスに

何かを相談したいのに、全然頼りにならない旦那にイライラしてしまいます。
「ママ」とか「お母さん」と妻のことを呼んでいる旦那は、妻を保護者だと勘違いしているような言動が多いです。

赤ちゃんが生まれたら、もっと父親らしくなるかなと思っていたら大間違いでした。
子供に妻を取られたと思って、機嫌が悪くなっていることが信じられません。

 

もっと育児参加してくれると思っていたのに、ストレスばかり感じます。
子供のオムツ交換も、うんちだったらしないなんて、わがまま過ぎます。

 

思いやりのない言葉で傷つけられる

家事に仕事に奮闘しているのだから、たまには優しい言葉の一つもかけて欲しいです。
それなのに「お前、最近老け込んだな」と言われてショックです。こっちは育児や家事に大忙しで、自分にかまっている暇がないのです。

 

私が疲れていると分かったのなら、「俺が子供を見てるから、美容院にでも行って来いよ」なんて言えないものでしょうか。

 

思いやりのない言動が、さらに妻を疲れさせているのです。

 

優しい言葉をかけてくれたら、気分もよくなって若々しくなるのに分からないのでしょうか。

 

女性は男性のことを幼稚に感じるので、精神年齢に5歳の差があるとも言われています。
中学生のころから、女子は恋をしたり大人の階段を上るのに、男子は廊下で追いかけっこですからね。

 

結婚しても男性は女性と比べて、大人になるのが遅いと感じることも多いんです。もう少し女性の気持ちを理解して、優しくいたわるような、器の大きさを見せてくれると嬉しいですよね。

 

 

嫁(奥さん・妻)の行動や言動がストレスになるよくあるケース

 

次は旦那さんがストレスを感じるケースです。旦那さんは奥さんのこんな行動や言動にイライラしているようです。

 

妻の行動や言動がストレス

 

旦那は汗水流して働いているのに妻ときたら

自分は営業マンで、暑い日も寒い日も外を駆けずり回っています。
それなのに妻ときたら、ママ友とランチ会とか言って、ホテルの高級バイキングでランチです。きっと会話も「うちの旦那は稼ぎが少なくて・・・」なんて、言われているに違いありません。

 

苦労して稼いでいるのに妻は、昼間っから居間でゴロゴロしています。

 

1日中暇なはずなのに、なぜか夕食はスーパーのお総菜コーナーの、冷めたコロッケです。もっと感謝をもって、おいしいご飯を作ってほしいです。

 

愛し合って結婚したはずなのに、気が付くと妻の行動や言動にイライラしている自分に気が付きます。
こんなはずじゃなかったと思うときに、がっかりしたり頭に来たりすることも多いようです。

 

苦労して働いているのに感謝がない

給料明細や賞与を渡しても「お疲れさま」と、笑顔でねぎらいの言葉をかけてくれることもありません。

 

そりゃぎりぎりの生活ですが、もう少し感謝の気持ちがあっても良いと思います。

 

主婦は家で子育てしたり、ちょっとパートに出てレジ打ちでもしていればいいんだから、気楽なもんですよね。それなのに疲れて帰っても、ママ友の愚痴を聞かされて、本当にうんざりです。

 

こっちは上司に絞られて、胃が痛い思いで毎日働いているのにと、妻の世間の狭さにストレスを感じてしまいます。

 

妻が完璧すぎて重いことも

怠ける嫁もストレスですが、奥さんが完璧すぎて重いと感じる場合もあるようです。

週末に飲み会があって、遅くなるから寝ててもいいと言っているのに、起きて待っていられるのがつらいです。たまのお酒の席なんだから、羽目を外して飲みたいのに、妻の待っている姿が目に浮かぶと、酔いがさめてしまいます。

 

たまにはジャンクフードでも食べたいのに、いつも低カロリーな魚や煮物などの和食ばかりです。

 

最初は良い妻を持ったと嬉しかったのですが、たまには隙を見せてくれるくらいの方が可愛いと思います。完璧すぎる妻は、可愛げがないと感じてストレスが溜まります。

 

もともと別のところで育って、価値観も違うのが夫婦です。

 

恋人同士の時には、合うと思っていたのに、一緒に暮らし始めると意外な一面を見てストレスになることもあります。

 

夫婦といえども、もとは他人

 

夫婦といえども、もとは赤の他人、育った環境も違うために価値観も異なることが多いからストレスを感じるのでしょうか。結婚した当初は、家でストレスなど感じず、恋人時代の延長のような気持ちで毎日が幸せだったことでしょう。しかし、結婚してしばらくすると、恋人時代には見えなかったお互いの欠点や価値観の違いなど、徐々に表れてくるようになり、それがお互いに許せなくなったりします。

 

なにげなくそのことについて指摘してみたり、直してくれるようお願いしても、一向に状態が良くならず、次第にストレスを溜め込むことになるんでしょうね。

 

夫婦間で感じるストレスは強力

 

夫婦のあいだで感じるストレスというのは、結構強力なものだと思います。だって夫婦は毎日顔を合わせるんだし、これから一生一緒にいる人なわけですから、その相手にストレスを感じるなんて、ちょっと悲しいですよね。

 

しかし、相手の顔も見たくない、話したくもない、一緒にいるとストレスが溜まる、という夫婦は、結構存在しているようです。ストレス社会といいますが、実は家庭内でも・・・と考えると、ちょっと切なくなります。セックスレスの原因にもなってしまいますね。

 

夫婦関係のストレスの対策

 

ストレスが家庭内に蔓延している場合、いったいどのように対策をとればいいものでしょうか。特に夫婦は毎日顔を合わせるし、食事もいっしょにとる家庭が多いでしょう。

 

夫に対して不満をもち、それがストレスになっている奥様というのは非常に多いようですが、実際はその原因を自分で作り出してしまっていることもあるんですね。

 

どういうことかといえば、女性の場合、生理前や生理中など、非常に気分の浮き沈みが激しくなることがあり、ストレスも溜まりやすい状態になります。そういったときに、普段はなんとも思わない夫の行動がやけにカンにさわったり、むかついてみたりするわけです。

 

言ってみれば、自分の都合で勝手に夫のことを悪く思ってしまうということがあり、それがストレスになってしまったりする、ということなのです。ストレスを自分で作り出してしまうなんて、なんだかバカらしいですよね。

 

ストレスとうまく付き合っていく方法

 

ストレスとうまく付き合っていく方法は、探せば結構あるものなのですよ。ひとついえるのは、日常のなかにいくらでもある「小さな幸せ」を感じる努力を重ねていけば、ストレスを撃退することができる、ということでしょうか。

 

ストレスでいっぱいになっているときには気がつかない幸せって、日常生活のそこかしこにあふれていると思うんですよ。ストレスに負けて幸せを感じられないなんて、なんだか腹が立ちますよね。ストレスをうまく解消し、夫婦の仲もうまくいくよう、自分の気持ちをコントロールしていきたいものですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る