子供のストレス / ストレスの原因と解消方法

子供のストレス

小さな子どもでもストレスは感じる

ストレスといえば、大人なら誰でも抱えているようなイメージがありませんか。社会人になり、仕事をするようになれば、毎日のようにストレスを感じる生活が待っている、といった感じでしょうね。実際、私自身も働いているころは相当なストレスを抱えており、精神的に参ってしまったこともありました。現在、働いてくれている主人を見ていても、職場でストレスを感じているのだなということは、話さなくともひしひし伝わってきます。

 

人間が集まるところには、必ずといっていいほど軋轢が生まれ、ストレスが広がっていくような気がします。

 

そんなストレスですが、小さな子どもでさえ、感じることがあるようです。子どもは自分の好きなように動いているし、ストレスなんかないだろうよ、という方もなかにはおられます。でも、小さな子どもなりにいろいろ感じたり考えたりしているなかで、次第にストレスが溜まっていくことも、やはりあることなのです。ストレスが子どもに及ぼす影響というものは、どのようなものなのでしょうか。

 

子供のストレス / ストレスの原因と解消方法

 

ストレスが子どもに与える影響

 

ストレスが子どもに与える影響については、私自身がつい最近、わが子を見ていて感じたことがあります。息子は今年の春から幼稚園のプレコースに通いだし、最初の頃こそは喜んで通っていたのですが、最近、朝になると「行きたくない」と駄々をこねるようになりました。

 

確かに、息子の様子を見ていると、幼稚園が近づいてくると泣き叫んで「行きたくない」と主張し、「これはかなりストレスがたまっているな」と感じていました。

 

ストレスによる体の異変

 

ストレスが溜まっていることを証明するかのように、最近、息子の体に異変が起き始めました。息子の全身に、ストレス性のじんましんが広がってしまったのです。ストレス性のじんましんができてしまうほど嫌だったのか、と親としてはかなりショックな気持ちです。

 

昨年、一時保育を利用して、別の保育園に週2回預けていたときは、ストレスとは無縁で、思い切り楽しんでいたようでしたので、今回も大丈夫だろうと考えていたのです。今回の幼稚園では、息子なりに大きなストレスを抱えるようになってしまったのかと残念な気持ちになると同時に、このまま通わせるべきか、悩んでいるところです。

 

ストレスが、先生によるものなのか、お友達との関係によるものなのか、保育を実際に見ているわけではないので、見極めることができません。息子はまだきちんとおしゃべりできる年齢でもないので、実際のところが分からず、ストレスを軽減してあげる方法といえば、幼稚園に行かさずにいることくらいなのです。

 

ストレスが息子に与えた影響は、かなり大きなものでした。ストレスは、大人だけのものではないんだ、子どもにだってあるんだと、今回のことで痛感しましたね。ストレスを息子から取り除いてやる方法は、ほかにもあるのでしょうか。

 

幼稚園の先生にストレスについて話すのも、ちょっと気が引けてしまいましたが、相談したりしています。ストレスのはけ口を息子なりになんとか見つけてほしいものですが・・・。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る