ストレスによる病気 / ストレスの原因と解消方法

ストレスによる病気

ストレスが原因の大きな病気を防ぐために

ストレスというのは、生活していく上で、現代の人間にとって切っても切れないほど密接な関係があると言われています。そのため、ストレスとは、日頃から、上手くつきあって、それを解消していかなければなりません。

 

やっかいなことに、ストレスというのは実体がないにもかかわらず、さまざまな病気の要因になります。ストレスは、簡単になくすこともできず、対策をしないで放置すると、自律神経のバランスが乱れて、色々な症状を引き起こし、結果、病気になってしまいます。

 

健康で明るく暮らせるようにするには、まずストレスの原因を突き止め、病気にならないようにしなければなりません。

 

ストレスを溜めたままでいると大きな病気の引き金に

 

重度な病気を患う前に、ストレス診断をする意味でも、専門医にしっかりと相談することです。普段からストレスを溜めたままでいると、肩こりや腰痛、頭痛などを引き起こすことになり、大きな病気の引き金になったりします。体が重くなったり、肩こり、腰痛、頭痛、体各部のしびれなどの症状がストレスであらわれてきたら、それは病気のサインと受け止めていいでしょう。

 

冷え性もストレスで起こることがよくあり、体の温度は、自分の意思とは関係なく、自律神経でコントロールされています。ストレスにより、冷え性などの症状があらわれるのは、自律神経のバランスが乱れることで、血液の循環を保てなくなるからです。

 

ストレスが蓄積した仮面うつ病

 

ストレスが蓄積すると、仮面うつ病になることもあり、これは、さまざまな身体的症状があらわれることから、うつ病であることに気づかない病気なのです。そこから、仮面という名前がつけられたもので、これはいわば、ストレスからくる心の病気なのです。

 

症状は、肩こりや頭痛、倦怠感、食欲不振、睡眠障害、動悸、しびれ、疼痛など、様々なので、ストレスには十分、注意しなければなりません。

 

この病気は、病院の内科などの診断でも病名を明確にできないことが多いので、日頃から、ストレスには気をつける必要があります。人はストレスを抱えることで、簡単に病気になってしまいますが、その理由は、血液の流れに関係しています。

 

ストレスを受けると体の血流が悪化

 

ストレスを受けると、人間の体の血の流れが悪化し、悪い状態が続くと、各臓器に血液がちゃんと循環していないことになります。血液は栄養などを各臓器に運ぶ役割をしているので、ストレスで、血の流れが悪くなると、栄養も上手く運べなくなります。

 

そうなると、各臓器はちゃんとした働きができなくなるので、ストレスによって、病気が発生することになるのです。血液の流れがストレスで悪くなるのは、自律神経と深い関係があり、これはまさしく心と体の反応と言えるものなのです。

 

ストレスが原因で、原因不明の症状に悩まされている人は多いので、日々の生活環境を整えることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレスの影響を減らす ストレスを増やさない ストレスからの回復 ストレスの無い生活を送る