女性の性病 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について

女性の性病の特徴

性病にはいろいろな種類や症状がありますが、性病の症状と種類を細かく見てみると、男性の性病と女性の性病に分けられる事もあります。同じ性病に感染した者同士でも、性病としての症状が男性と女性では異なる事があるのです。性器はもちろん体の構造も異なるので、当たり前といえば当たり前ですけどね。

 

女性で性病を疑いやすいサインといえば、男性と同様の性器周辺の違和感はもちろん生理における異変もヒントとなります。必ずしも性病に結びつくとは限らないものの、放っておいて良い状態とも言えないので素直に病院へ行きましょう。だれでも可能性がある病気と考えれば、性病で病院へ駆け込む恥ずかしさも多少は乗り越えられるのではないでしょうか。

 

性病かもしれない、けどハッキリしなくて性病科の病院に行くのも恥ずかしいという方は、多少なりいるでしょう。男性だろうと女性だろうと、デリケートな部分だけに躊躇う気持ちは分かります。ただ、放っておいても良くないので何らかの方法で性病かどうかを確認する必要はあります。

 

そんなときは、市販されている匿名の性病検査キットを用いれば、誰にも知られず確認することが出来ます。

性行為以外でも感染する女性の性病

ところで、性病に感染するのは必ずしも性行為が関わっているという訳ではありません。女性特有の性病とも言われる性器カンジダ症は、疲労が蓄積されてくると感染しやすくなるとされています。性病について色々な知識を事前に有していれば、もしもの時の対応も何歩か早くなります。

 

性病と言えば、性行為の際に感染するものと考えている方は多いでしょう。しかし、それ以外の感染経路がないと思い込むのは非常に危険です。確かに可能性としては高くないものの、通常の性行為以外にも性病が感染する可能性を知っておく必要があります。コンドームなどの用具は性病のリスクを軽減してくれるものの、確実性はなく多少の不安は残ります。

 

つまり、誰でも性病にかかる可能性があるのです。だからこそ異変を感じた際には迅速に対処する必要があり、性病の対処を恥ずかしがって先延ばししてはいけないのです。感染した初期に気付いて迅速に対処していれば簡単に治ったものが、時間をおいてしまったために性病治療が長引く事だって十分に考えられる話です。

 

性病には色々と種類があり、さすがにこれらを全て完璧に把握するのは容易ではありません。そんなものは医師に任せるとして、それでも最低限かかりやすいとされている性病の特徴くらいは把握しておいても良いでしょう。