淋病 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について

淋病は非常に多い性病の一つ

淋菌は高温にも低温にも弱く炭酸ガス要求性なので、通常の環境では生存することができないため、性感染症として人から人へ感染するのが淋菌の主な感染経路です。(参考:淋病の症状淋病の検査

 

最近のオーラルセックス(口による性行為)の増加に伴い、クラミジアとともに咽での保菌や感染が問題となっていて、男女とも性器に淋菌が証明された方の20〜30%に淋菌の咽喉頭での検出がみられているというデータもあります。1回の性行為による感染伝播率は約30%といわれています。

淋病の感染経路

淋病の主な感染経路は以下のようなものがあります。

 

  • 性行為、キス、オーラルセックスにより感染
  • タオルや衣類からも感染する可能性がある

 

感染経路

 

感染源においては風俗女性が60%を占め、一般女性の40%より多く、膣性交のみが23.8%、口腔性交のみが43.9%、その両方が32.3%というデータがあります。口腔性交のみ、つまり風俗での感染が多いというのがわかりますね。

淋病の予防

淋病の予防方法は、性交渉時は最初から最後までコンドームを使用することです。口腔性交のみの感染もあるため、淋病の予防のためにはオーラルセックス(口による性行為)でもコンドーム着用をおすすめします。

 

ただしコンドームは破れたり外れたりする可能性があり、また、感染部位がコンドームに覆われない部位にあった場合にはその感染部位から感染してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

また、自分が淋菌感染症あるいは他の性感染症であることがわかった場合には、パートナーにも性病の検査を受けさせることをおすすめします。自分もパートナーも重い合併症となる危険性を減らすことができ、パートナーから再び感染させられる危険性を減らすためにも、感染の可能性のある全員が検査を受けるようにしましょう。

 

心当たりがある場合はすぐにでも検査をすることをおすすめします。今は匿名で検査することもできますからね。

 

淋病 / 性病の症状と種類関連ページ

クラミジア / 性病の症状と種類
クラミジア / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
クラミジアの症状
クラミジアの症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
クラミジアの検査
クラミジアの検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病の症状
淋病の症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病の検査
淋病の検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒 / 性病の症状と種類
梅毒 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒の症状
梅毒の症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒の検査
梅毒の検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
皮膚に出る性病症状
皮膚に出る性病症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について