クラミジアの症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について

女性のクラミジアの主な症状

クラミジアの潜伏期間は1週間〜3週間です。
女性がクラミジアにかかったときの主な症状は

 

  • 通常は無症状
  • おりものが少し増える
  • 軽い生理痛のような痛み
  • 不性器出血
  • 黄色い濃いおりものがでる

 

など、軽い症状がある場合がありますが、女性の場合8割がたは無症状で気づかないことが多いので注意が必要です。

 

クラミジアに感染したまま放っておくと

 

  • 子宮頸管炎
  • 子宮内膜炎
  • 卵管炎
  • 骨盤腹膜炎

 

などに進行し、不妊、流産、早産などの原因になります。

 

女性がクラミジアに感染した場合、その体の構造から速やかに上腹部へと感染が浸透していき、短期間に腹腔内へ波及する恐れがあります。

男性のクラミジアの主な症状

クラミジアの潜伏期間は1週間〜3週間です。
男性がクラミジアにかかったときの主な症状は症状は軽く

 

  • 尿道がむずがゆくなる
  • 排尿時に軽い痛みがある(尿道炎症状)
  • 副睾丸(精巣上体)の圧痛や痛み

 

など、軽い症状がある場合がありますが、男性の場合でも半分以上は無症状で気づかないことが多いので注意が必要です。

クラミジアに感染したまま放っておくと

 

  • 尿道炎
  • 精巣上体炎
  • 陰嚢の腫れ

 

などに進行し、男性が原因の不妊の原因になります。

症状に心当たりがあったらすぐに検査を

クラミジアはたった1回の性行為でも感染する可能性があります。コンドームなどの使用による性器粘膜の接触を伴わない行為や、お風呂場や空気感染などの間接的な感染はほとんどありませんので、性行為の際はコンドームを使用することがクラミジアの予防方法の一つです。

 

クラミジア感染の怖い点は、自覚症状がほとんどないので感染や発病に気付かないまま進行し、治療しなければ何人も感染させたり不妊症という重大な結果を招いてしまうことです。妊娠を望む女性は定期的にクラミジア検査を受けることをおすすめします。

 

クラミジアの症状 / 性病の症状と種類関連ページ

クラミジア / 性病の症状と種類
クラミジア / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
クラミジアの検査
クラミジアの検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病 / 性病の症状と種類
淋病 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病の症状
淋病の症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病の検査
淋病の検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒 / 性病の症状と種類
梅毒 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒の症状
梅毒の症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒の検査
梅毒の検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
皮膚に出る性病症状
皮膚に出る性病症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について