クラミジア / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について

クラミジアは最も多い性病

クラミジアは最も多い性病の種類です。(参考:クラミジアの症状クラミジアの検査
最近の報告では18歳から19歳の女性の10人に3人、20代では20人に3人がクラミジアに感染しているといわれています。日本で100万人以上が感染していると言われているのに、自覚症状がない場合が多く、ただ放っておくと大変な病気を引き起こすので、心当たりがある場合はすぐにでも検査をすることをおすすめします。今は匿名で検査することもできますからね。

 

多くの場合は、性行為により性器粘膜で感染を起こします。オーラルセックス(口での性行為)で口中にクラミジア菌が感染すれば咽頭炎・慢性の扁桃腺炎などを起こし、風邪のような症状が出ます。妊娠中にクラミジアに感染した場合、乳児の呼吸器に感染してクラミジア肺炎を起こすこともあります。妊娠中の女性の場合は、このような母子感染をするので、注意が必要です。

女性は自覚症状のないクラミジア

クラミジアは女性の感染者の5人に4人までが自覚症状がありません(男性でも自覚症状がない場合があります)。

 

クラミジアを放置すると、卵管炎などを起こし不妊症の原因にもなり大変危険です。パートナーの多い方は自覚症状がなくても年に1回の検査を受けることをおすすめします。

女性は特に注意

特に女性は自覚症状がないことが多いので注意が必要です。おりものの変化、排尿痛、排尿時の違和感がある方は、ぜひ検査をお受け下さい。症状はしばらくするとなくなりますので、知らずしらずのうちにパートナーに感染してしまいます。クラミジアに感染している場合はパートナーにも検査を勧めて一緒に治療して下さい。

 

クラミジアの感染者はHIV(エイズ)への感染率が通常の3〜4倍になるという統計もあるので、検査する際はエイズ検査もあわせてすることを勧めます。

クラミジアの予防

クラミジアはたった1回の性行為でも感染する可能性があります。コンドームなどの使用による性器粘膜の接触を伴わない行為や、お風呂場や空気感染などの間接的な感染はほとんどありませんので、性行為の際はコンドームを使用することがクラミジアの予防方法の一つです。

 

クラミジア感染の怖い点は、自覚症状がほとんどないので感染や発病に気付かないまま進行し、治療しなければ何人も感染させたり不妊症という重大な結果を招いてしまうことです。妊娠を望む女性は定期的にクラミジア検査を受けることをおすすめします。今は匿名で検査することもできますからね。

 

クラミジア / 性病の症状と種類関連ページ

クラミジアの症状
クラミジアの症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
クラミジアの検査
クラミジアの検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病 / 性病の症状と種類
淋病 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病の症状
淋病の症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
淋病の検査
淋病の検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒 / 性病の症状と種類
梅毒 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒の症状
梅毒の症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
梅毒の検査
梅毒の検査 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について
皮膚に出る性病症状
皮膚に出る性病症状 / 性病の症状と種類 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について