男性の性病 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について

男性の性病の特徴

性病なんて自分とは関係ない、と思うのは勝手ですが感染を広げる事は許されません。ほぼ理論的な話ではあるものの性病を故意に感染させると傷害罪に問われる事もあり、仮に問われなくても疑わしい時は性行為自体を自重するのが大人です。最近では滅多にないものの昔は性病で人が死んでいたため、侮ってはいけません。

 

性病の種類によっては自覚症状が分かりにくく、発見が遅れてしまい治療が難航なんて事態も有り得ますからね。現在でも完璧な予防というのは難しく、性行為をする以上は多少なり性病のリスクがあると覚えておきましょう。肝心なのは早期に発見して適切な処置を施す事です。これにより性病は死なない病気へと変わってきたのですから。

 

性病には露骨に分かりやすい症状が出るものから分かりにくいものまであり、中途半端な知識だけで勝手に性病かどうかを判断するのは危険です。

 

例えば淋病という性病の場合、男性は排尿時の痛みという特徴的な症状が出ます。しかし、時には症状が出ない事もあり更に別の性病でも同様に痛みなどの症状が生じるとは限らないのです。例えばクラミジアなどは自覚症状が出ないことのほうが多いとさえ言われます。男性の性病と女性の性病ではかかる性病に違いがある事もあり、尚更曖昧な知識のままでは危険です。

男性の性病の特徴

男性の性病の特徴としては、全てではないもののやはり性器周辺の違和感は敏感に感じ取りたいです。特に痛みを生じている場合、万が一性病でなかったとしても酷い状態になりかけていると容易に想像できるので迅速に対応しましょう。一番の対応策は病院に駆け込むことで、もはや恥ずかしいなど言ってられません。今ではほとんど見かけなくなった、とは言え性病の中には進行すると死に至るものもあります。

 

性病を早期発見させるためには、自覚症状を見逃さない事が第一です。しかし、見た目や痛みなど露骨に分かる自覚症状があれば良いのですが、自覚症状の無い性病は要注意です。知らないうちに感染していて気付いた頃には重症化、なんて事態は避けたいですね。

 

そうした場合、性病特有の自覚症状ではなく全身の違和感に注目してみると良いでしょう。体調が優れない場合、もしかすると性病が原因かもしれません。その時点で性病を疑うのは難しいですが、可能性が少なからずあるという事を覚えておきましょう。

 

因みに、どうしても気になるけど性病科の病院で診察してもらうのは恥ずかしい方は匿名の性病検査キットを利用しましょう。手軽に購入でき、自宅で誰にも知られずチェックする事が可能で、誰にも知られず確認することが出来ます。