性病検査と治療・症状 / 性病検査や治療、性病の症状や種類について

性病の症状の疑いがあったらすぐに検査・治療を

性病とは、本来は特定の病気のみを指しますが、近年では性交渉によって感染する病気全体を指す事が多くなっています。

 

自覚症状の強い性病は早期に、他人に感染する前に治療を受けるため減少してきていますが、自覚症状の弱い性病は治療が遅れて感染を広めています。特に女性の性病は全般的に自覚症状が弱く、知らずに感染を広めている事もあります。

 

性病に限らず、感染症は一つの病原体が体内に侵入してもすぐに感染するわけではなく、病原体が体内で増殖して免疫(めんえき)能力を超えてしまうと感染・発症となります。

 

性病に感染するルートは、多くの場合には血液や唾液(だえき)などの分泌物により感染します。傷や粘膜(唇みたいな皮膚)は、体外からの侵入に弱く病原体が入り込みやすくなっています。性交渉自体が、粘膜と粘膜を擦(こす)りつける動きなので粘膜に傷もできやすいといえます。理屈上は、病原体と傷や粘膜への接触がなければ感染の可能性はありません。

 

現在、性病で1番多いのが尿道炎です。これは、おしっこをする時に痛みやカユミがあり、膿(うみ)で下着が汚れたりする病気です。性交渉はもちろん、オーラルセックスでも感染する可能性があります。

 

もし心当りがあって、違和感や不安感がある時は早めに性病の検査を受ける事をお勧めします。

 

抗生剤の開発により性病は以前より治りやすくなってきた反面、安易な性交渉や度重なる感染を経て抗生剤が効きにくい病原体が増加しています。現在は性病の匿名検査もできますので、他人に感染させないよう、心当たりがある場合はすぐに検査をするようにしてください。