ED(勃起不全)とセックスレスの関係 / セックスレス解消ナビ

夫婦円満セックスレス解消ブック
セックスレスに悩む夫婦やカップルの悩みの原因究明から解決まで

ED(勃起不全)とセックスレスの関係

セックスレスにはいずれ歳を取ればなるのだから、別にそれが多少早かろうが問題ないなんて思ってませんか。

 

確かに子供が大きくなって独立したり定年退職を迎えたり、なんて頃にはセックスレスという状況になっているかもしれません。ただ、この場合には既に夫婦としての関係も円熟しているため年齢によるセックスレスがあったとしても大きな問題とはならないでしょう。

 

セックスレスが問題となるのは、子供はいても幼かったり結婚数年目以内だったりと比較的早期から見られるセックスレスです。

 

それとは別に、結婚して十余年といった頃に見られるセックスレスから問題が起きてしまう事もあるようです。明確な理由が誰にでも分かるセックスレスと、そうでないものとには一体どんな違いがあるのでしょうか。

 

セックスレスの原因が夫にある場合と妻にある場合

 

セックスレスに陥る場合、主に原因が夫にある場合と妻にある場合とがあります。恋人時代にはそう感じなかったとしても、実際に結婚という節目を超えると相手をより親しい人間と認識するようになりセックスレスに発展する事があります。要するに、相手が身近すぎるために性の対象とならなくなってしまうのです。

 

これは心理的な問題がセックスレスに具現化するために起こるもので、ある意味で言えば対応は難しくありません。

 

難しくなるのは機能的な問題によるセックスレスで、妊娠出産は代表的な例として挙げられるでしょう。

 

妊娠や出産を機にセックスを拒む事は珍しくなく、ただこれがなし崩し的に定着してしまうことでセックスレスとなってしまう事があります。こう見ると妻の側に責任を考えたくなりますが、夫の側にもセックスレスの原因は存在します。例えばEDは、分かりやすいセックスレスの責任として存在しますね。

 

セックスレスの原因として解決が難しいのは機能不全からくるもので、ED(勃起不全)はその最たるものでしょう。

 

物理的にセックスそのものが難しくなってしまい、EDの時期によっては妊娠の可能性さえ無くしてしまいます。最近ではED(勃起不全)を改善する方法も増えてきているものの、結婚して落ち着いた後だとセックスレスに問題を感じず治療に積極的でない男性が増えてくるのかもしれません。

 

子供に対して強いこだわりを持っていない、或いは既に子供がいる環境だとEDはセックスレスを更に後押しします。機能的な問題だけでなく、精神的にどうセックスレスと向き合っていくかをじっくり考える必要があるのかもしれませんね。一度と言わず、じっくり話し合ってみると良いでしょう。

 

まずは、セックスレスの様々な問題について原因を知ることと、正しいセックスレス解消の方法を知って実践することをお勧めします。