避けるべき食べ物 / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

にきび予防のために避けるべき食べ物

にきびを改善したいと思っている人はとにかく食生活の見直しが大切だと言われています。にきびが出来やすいような食べものなどもありますから、その食べ物を出来るだけ摂取しないように、食べても量を考えて食べることも大切なことなのです。

 

美肌になりたいと思っているだけでなく実際に美肌を手に入れた人というのは、食生活を見直したことでスムーズに美肌や美白への道が開けたという人もいます。

炭水化物

避けるべき食べ物として、まずは炭水化物があげられます。炭水化物は糖分が体の中に入ると脂分に代わってしまいますから皮脂の元になるので控えた方がいいと思います。にきびが出来やすいという人の場合には炭水化物を控えて、食べすぎに注意しましょう。

甘いもの

また甘いものもにきびが出来やすい人にとっては要注意の食べ物です。たとえば洋菓子ですが、洋菓子に含まれている糖分も皮脂の元になってしまいますから、にきびが出来やすいという人は量を控える、我慢をするなどして工夫しましょう。もしも甘いものが食べたいというのであれば洋菓子よりも和菓子を選ぶとそれほど糖分も洋菓子よりも高くありませんからにきびが出来やすい人でも少量なら食べても問題はありません。

脂っこい食べ物

そして脂っこい食べ物は考えただけでもわかると思うのですがにきびが出来やすい人は避けた方がいい食べ物です。皮脂が大量に分泌されてしまう原因は脂っこい食べものに原因があります。

ナッツ類やスナック菓子

他にもナッツ類やお菓子の中でもスナック菓子などには脂分がたくさん含まれていると言われていますからにきびが出来やすい人は注意した方がいいでしょう。

辛い食べ物

辛い食べ物が好きな人も少し注意が必要です。にきびができている時にからい食べ物を食べると血液の流れが促進されることで炎症が起きてしまうと言われていますから注意が必要です。韓国の人はキムチを食べて肌がきれいだと誤解している人がいますが、人種によって肌質が違っているので勘違いしないようにします。

アルコール

そして美肌を目指しているのであれば、アルコールも注意しましょう。アルコールは糖分をたくさん含んでいますからにきびが出来やすい環境をつくってしまいます。飲み過ぎない程度ならいいのですがアルコールを摂取してから鏡を見て、もしも顔がテカっているような場合には、皮脂の分泌が活発になっていますから、アルコールを控えなければいけないことになるので注意しましょう。

 

美肌になりたいと思っている人でにきびができないようにしたいのであれば、食生活をまずは見直すことから始めてみると近道になります。

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

このページの先頭へ戻る