新生児にきび / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

新生児にきびとは

新生児にきびは生後2週間から3ヶ月くらいにみられます。新生児にきびは母体からのホルモンの影響により一時的に皮脂の分泌量が増えることで発生すると言われています。新生児の場合皮脂が毛穴に詰まりやすく、皮脂のつまりによって頭やおでこ、頬などに赤いポツポツとしたにきびができてしまいます。にきびがひどくなると黄色いかさぶた状のものができることもあります。

にきびの種類に合った対策を

にきびは年齢によってできる原因が違ってきます。そのためにきび対策もそれぞれの原因によって変える必要があります。大人にきびができたときに思春期にきびと同じ対策をしていては治るのに時間がかかったり、上手く治すことができない場合があります。自分のにきびに合ったにきび対策をするようにしましょう。

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

新生児にきび / にきびの予防方法と治療方法関連ページ

思春期にきび
思春期にきび / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて
大人にきび
大人にきび / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて

このページの先頭へ戻る