大人にきび / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

大人にきびとは

大人にきびは不規則な生活やホルモンのバランスの乱れが原因で起こります。
大人にきびは睡眠不足、ストレス、疲労、喫煙、偏った食事、メイクの落とし残し、肌に合わない化粧品の使用などにより肌の角質サイクルが狂うことで、古くなった角質が毛穴を塞ぎ皮脂が毛穴にたまるために起こります。また、角質が毛穴を塞ぎ皮脂がたまることでアクネ桿菌が増殖し、にきび症状が悪化し炎症や化膿を引き起こします。

大人にきび予防対策

次に大人にきび対策をご紹介します。
大人にきびの原因にはホルモンバランス、ストレス、食生活などさまざまなものがあります。

 

・洗顔
洗顔をきちんをしてにきびを防ぎましょう。大人にきびも思春期にきびと同様にきちんと洗顔をし肌を清潔に保つことがにきび予防につながります。

 

・ストレス、睡眠不足
ストレスや睡眠不足は免疫力を低下させ、ホルモンバランスを狂わせる原因となります。ホルモンバランスが狂うと肌が荒れたり、にきびができやすくなります。睡眠をしっかりとり、リラックスする時間を作りにきびを予防しましょう。

 

・食べ物
脂肪分や糖質の多い食品を摂り過ぎるとにきびができやすくなります。チョコレートやケーキなどの甘いもの、てんぷらや唐揚げなどの揚げ物などの油もの、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類などの食べすぎには気をつけましょう。ビタミンや食物繊維をしっかりとりバランスのよい食事を心がけましょう。

 

・化粧品
肌に合わない化粧品を使うことで、肌に負担がかかりにきびができやすくなります。自分の肌にあった化粧品を使うようにしましょう。また、お化粧をしたときはきちんとメイクを落とし、肌によごれが残らないようにしましょう。疲れているからといって落とさずに眠ってしまうとにきびができる原因となります。

 

・生理前のお肌のお手入れ
生理前になるとホルモンのバランスの関係で肌が荒れたり、にきびができやすくなることがあります。生理前ににきびができやすい人は、この時期はいつも以上に食生活に気をつけ、適度な睡眠をとり、リラックスした時間を過ごすようにしましょう。また、この時期は敏感肌の化粧品を使い、肌への刺激を少なくするといいでしょう。

にきびの種類に合った対策を

にきびは年齢によってできる原因が違ってきます。そのためにきび対策もそれぞれの原因によって変える必要があります。大人にきびができたときに思春期にきびと同じ対策をしていては治るのに時間がかかったり、上手く治すことができない場合があります。自分のにきびに合ったにきび対策をするようにしましょう。

 

大人ニキビ・吹き出物対策商品

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

大人にきび / にきびの予防方法と治療方法関連ページ

思春期にきび
思春期にきび / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて
新生児にきび
新生児にきび / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて

このページの先頭へ戻る