思春期にきびと大人にきび / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

思春期にきびと大人にきび

一度できてしまうとなかなか治らないやっかいな存在であるにきび。
にきびができた、と人に話すと「チョコレートを食べすぎたからじゃない?」「ストレスがたまっているからだよ」「野菜を食べてないからかもよ」など言われたことがある人は多いでしょう。

 

確かにこれらは全てにきびの原因としてあげられる事項です。しかし、にきびの原因はこれだけでなくさまざまな原因があり、その原因は人によって違います。またにきびは年齢によってにきびの性質が異なります。

 

にきびには思春期にきび、大人にきび、乳幼児にきびなどがあります。

 

思春期にきび
思春期にきびはホルモンバランスが不安定になり皮脂の分泌が増えることが原因で起こります。
思春期になると男性女性に関係なく男性ホルモンが増え、皮脂の分泌が盛んになり、皮脂が毛穴にたまりやすくなります。そして皮脂が毛穴にたまることで白にきびができてしまいます。また皮脂に毛穴がたまって詰まることで肌の常在菌であるアクネ桿菌が増え、炎症をおこしたり化膿したりすることで白にきびが悪化し赤にきび(参考:にきびの種類)ができてしまいます。

 

思春期にきびは一時的に男性ホルモンの分泌が高まることで起きるので、ホルモンのバランスが正常になる思春期の終わりには自然となくなっていきます。

 

大人にきび
大人にきびは不規則な生活やホルモンのバランスの乱れが原因で起こります。
大人にきびは睡眠不足、ストレス、疲労、喫煙、偏った食事、メイクの落とし残し、肌に合わない化粧品の使用などにより肌の角質サイクルが狂うことで、古くなった角質が毛穴を塞ぎ皮脂が毛穴にたまるために起こります。また、角質が毛穴を塞ぎ皮脂がたまることでアクネ桿菌が増殖し、にきび症状が悪化し炎症や化膿を引き起こします。

 

新生児にきび
新生児にきびは生後2週間から3ヶ月くらいにみられます。新生児にきびは母体からのホルモンの影響により一時的に皮脂の分泌量が増えることで発生すると言われています。新生児の場合皮脂が毛穴に詰まりやすく、皮脂のつまりによって頭やおでこ、頬などに赤いポツポツとしたにきびができてしまいます。にきびがひどくなると黄色いかさぶた状のものができることもあります。

 

にきびは年齢によってできる原因が違ってきます。そのためにきび対策もそれぞれの原因によって変える必要があります。大人にきびができたときに思春期にきびと同じ対策をしていては治るのに時間がかかったり、上手く治すことができない場合があります。自分のにきびに合ったにきび対策をするようにしましょう。

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

思春期にきびと大人にきび / にきびの予防と治療方法記事一覧

思春期にきび / にきびの予防方法と治療方法

思春期にきびはホルモンバランスが不安定になり皮脂の分泌が増えることが原因で起こります。思春期になると男性女性に関係なく男性ホルモンが増え、皮脂の分泌が盛んになり、皮脂が毛穴にたまりやすくなります。そして皮脂が毛穴にたまることで白にきびができてしまいます。また皮脂に毛穴がたまって詰まることで肌の常在菌であるアクネ桿菌が増え、炎症をおこしたり化膿したりすることで白にきびが悪化し赤にきび(参考:にきびの種類)ができてしまいます。思春期にきびは一時的に男性ホルモンの分泌が高まることで起きるので、ホルモンのバランスが正常になる思春期の終わりには自然となくなっていきます。
続きはコチラ

大人にきび / にきびの予防方法と治療方法

大人にきびは不規則な生活やホルモンのバランスの乱れが原因で起こります。大人にきびは睡眠不足、ストレス、疲労、喫煙、偏った食事、メイクの落とし残し、肌に合わない化粧品の使用などにより肌の角質サイクルが狂うことで、古くなった角質が毛穴を塞ぎ皮脂が毛穴にたまるために起こります。また、角質が毛穴を塞ぎ皮脂がたまることでアクネ桿菌が増殖し、にきび症状が悪化し炎症や化膿を引き起こします。
続きはコチラ

新生児にきび / にきびの予防方法と治療方法

新生児にきびは生後2週間から3ヶ月くらいにみられます。新生児にきびは母体からのホルモンの影響により一時的に皮脂の分泌量が増えることで発生すると言われています。新生児の場合皮脂が毛穴に詰まりやすく、皮脂のつまりによって頭やおでこ、頬などに赤いポツポツとしたにきびができてしまいます。にきびがひどくなると黄色いかさぶた状のものができることもあります。
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る