にきびの治療薬 / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

にきびの治療には治療薬による薬物療法

にきびができてしまったときはきちんとお手入れをしないとにきび跡が残り、あとで辛い思いをすることになる場合があります。にきびができたらたかがにきびと思わずにひどくなる前に皮膚科に行きしっかりと治すようにしましょう。

 

にきびの治療としてよく知られているものに薬物療法があります。

外用薬での治療と内服薬での治療

にきびの薬物療法には外用薬での治療と内服薬での治療があります。
にきびの症状が軽い場合は外用薬での治療が主となります。炎症がひどい場合や化膿が悪化している場合は外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)とを合わせて治療します。

 

にきびの症状が重い人への治療薬に抗生物質があります。抗生物質はにきびを引き起こすアクネ桿菌の繁殖を抑えたり、炎症を落ち着かせる効果があります。抗生物質はにきびの症状を改善させる効果があり、にきび治療によく使われます。

にきび治療の抗生物質にも内服薬と外用薬がある

にきび治療の抗生物質には内服薬と外用薬があります。

 

内服薬の抗生物質薬
内服薬の抗生物質薬にはテトラサイクリン、マクロライド、セフェムなどがあります。この中でもテトラサイクリンはにきびの抗生物質としてよく使われています。

 

外用薬の抗生物質薬
外用薬の抗生物質薬にはリンコマイシン、ニューロキノンなどがあります。

 

抗生物質は服用すると副作用を起こす場合があります。副作用には下痢、便秘、吐き気、胃痛、頭痛などがあります。抗生物質を服用するときは医師の指示に従って服用しましょう。

ビタミン剤、ホルモン剤、精神安定剤

にきびの治療薬には抗生物質の他に肌の状態改善のためのビタミン剤、生理前のにきび対策のためのホルモン剤、ストレスにきび対策のための精神安定剤などがあります。

 

にきび治療で出されるビタミン剤にはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどがあります。それらのビタミンを補給することで皮脂分泌がコントロールされ、にきびの症状改善につながります。

ステロイド

にきび治療で外用薬としてステロイドを使用する場合がありますが、ステロイド剤は効果はありますが副作用が強いのであまり使うことはおすすめできません。ステロイド剤を使用する場合は医師の説明をよく聞き注意して使いましょう。

 

また、ステロイド剤を出されたときはどんな副作用があるのか、どのくらいの量をつけるのかなど詳しく説明をしてもらいましょう。ステロイド剤の副作用には皮膚が赤くなったり、毛細血管が浮き出たり、肌荒れなどがあります。使用の際は十分注意しましょう。

 

薬物治療を受ける際は、その薬がどういう効果をもたらすか、またどんな副作用があるかなど医師からきちんと説明を聞いて使うことが大切です。
薬を正しく活用してにきびのない肌を目指しましょう。

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

このページの先頭へ戻る