にきびと肌質の関係 / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

にきび対策には自分の肌質を知ることが大切

あなたの肌はどんな肌質ですか?にきび対策には自分自身の肌質を知ることが大切です。

 

人間の肌の質は人によって違います。肌には普通肌、敏感肌、オイリー肌、乾燥肌、混合肌などがあります。それぞれ順に見ていきましょう。

 

・ 普通肌
普通肌とは水分量が適切で、皮脂もバランスよく分泌されており、滑らかな肌のことをいいます。普通はニキビなどの肌トラブルが起きにい理想的な肌です。

 

・ 敏感肌
敏感肌とは皮膚のバリア機能が通常より低いため、乾燥や紫外線、ホコリやばい菌などの外的刺激によってダメージを受けやすい肌のことをいいます。敏感肌はにきびなどの肌トラブルを起こしやすいデリケート肌です。

 

・ オイリー肌(脂性肌)
オイリー肌とは皮脂の分泌が多く、水分も多いため潤いはあるが肌の表面が脂っぽくべたべたした肌をいいます。オイリー肌は皮脂量が多いためにきびができやすいです。またべたつきによりホコリやゴミなどがつきやすくこれもまたにきびの原因となっています。

 

・ 乾燥肌
乾燥肌とは皮脂の分泌が少なく、肌の水分保持機能が低いために乾燥してカサカサしているいてる肌をいいます。乾燥肌は白く粉をふいたり、かゆみを生じたりします。皮脂量や水分量が少ないのでにきびは比較的できにくいです。

 

・ 混合肌
混合肌とは顔の部位により脂っぽくなっているところと、カサカサと乾燥しているところが混じっている肌をいいます。混合肌には鼻やおでこが脂っぽくて、頬や目じりがカサカサしているケースがよくみられます。混合肌はにきびができやすい肌質です。

きびができやすい肌質、できにくい肌質

肌質によってにきびができやすい肌やできにくい肌があります。普通肌や乾燥肌は比較的にきびができにくくなっています。敏感肌、オイリー肌、混合肌は外部からの刺激や、多量な皮脂の分泌などによりにきびができやすくなっています。

 

肌質はにきび予防のための基礎化粧水の選び方やお手入れ、注意点なども変わってきます。にきびをなくすには自分の肌についてよく知ること、そして自分の肌に合ったお手入れをすることがとても大切です。

 

デパートの化粧品売り場や、ドラッグストアなどで肌チェックをしてくれるところがあるので、肌をチェックしてもらい自分の肌がどの肌質なのか把握しておくといいでしょう。

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

このページの先頭へ戻る