ニキビ予防のための洗顔方法 / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

ニキビの予防や改善につながる洗顔

ニキビの予防や改善につながるのが正しい洗顔です。美肌になりたい人は洗顔法を正しい洗顔法にするということは最近テレビや雑誌などでも特集されていることが多いので ご存知の方も多いと思います。

 

洗顔がなぜ美肌やニキビに重要なのかというと、スキンケアをいくら色々としていても洗顔というのは一番の基礎になりますから、正しい洗顔方法が大事なのです。しかし、洗顔が大事とはいっても間違った洗顔方法で洗顔をしていても効果は現れせん。

間違った洗顔方法では意味がない

たとえば良く勘違いされやすいのが、洗顔の回数を増やせばそれで清潔な肌を保つことができるのかというとそうではありません。何度も洗顔をすると顔の皮膚に皮脂がなくなってしまいます。そうすると皮膚は何とか皮脂を分泌して保湿をしようとしますから、より皮脂の分泌を活発にするということになり、そのためにニキビが出来やすい肌になってしまうのです。ということは洗顔の回数を増やしたところで正しい洗顔とはいえないということがわかります。

 

ニキビのことや美肌のことを考えた場合には石鹸は弱アルカリ性の石鹸を使う方がいいと言われています。冬場などはそのままにしていても乾燥しやすい時期ですから、乾燥しないように皮脂を残しつつしっかり洗うことが大切です。

ニキビ予防のための洗顔方法

では具体的な美肌、ニキビ予防のための洗顔方法を紹介します。

 

洗顔はいきなりするのではなくて、洗顔前にはまずは手を洗います。手が汚れていると、その汚れを顔に塗るようなものです。髪の毛が長い人はとめておきましょう。

 

少し時間があるという場合には蒸しタオルを使って毛穴を開かせると洗ったときに、汚れが落ちやすいです。メイクを落とす場合でも、しっかりと毛穴を開いてからにするといいと言われていますから、出来ればお風呂に入っていきなり洗顔をするのではなくて、美肌やニキビのことを考えるのであれば、少し毛穴が開くまで他の部分を洗ったり、湯船につかるなどして毛穴を開かせておくと良いでしょう。

 

いよいよ洗顔ですが、まずはお湯だけで洗いましょう。その後に、洗顔料やせっけんでまず手で泡を立ててから泡で包み込むように洗います。ごしごし洗うと皮脂を取り過ぎる可能性がありますから、ごしごしこすらないで優しく包むように洗いましょう。

 

洗顔をした後のタオルでの拭き方も注意が必要です。タオルでごしごしふくのではなくて、タオルを当てて拭き取るような、押し当てるような形で水分をふきあげて完了となります。

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

ニキビ予防のための洗顔方法 / にきびの予防と治療方法関連ページ

にきびとアクネ菌
にきびとアクネ菌 / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて
自分でできるニキビ治療
自分でできるニキビ治療 / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて
ニキビ化粧品
ニキビ化粧品 / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて
ニキビ跡
ニキビ跡 / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて
ニキビとストレス
ニキビとストレス / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて
ニキビとビタミン
ニキビとビタミン / にきびの予防方法と治療方法。にきびの種類(思春期にきび・大人にきび)や洗顔・食事などについて

このページの先頭へ戻る