にきび跡の治療方法 / にきびの予防と治療方法

話題の「ビーグレン(b.glen)」で1週間大人にきび撃退
ニキビの原因を「皮脂の分泌が多いからできる」と勘違いしていませんか?-ブライアン・ケラー博士

にきび解消にはにきびの特徴を知ることが大切

にきびができて悩んでもお手入れをしてきちんと治れば問題はないですよね。問題はできてしまったにきびのお手入れに失敗してにきび跡ができてしまった時ではないでしょうか。

 

にきび跡で黒ずんでしまった肌や、デコボコしてクレーター状になってしまった肌がコンプレックスで人と話すときに顔をあげられなかったりする人もいるでしょう。また、いくら化粧をしてもデコボコが隠せないで悩んでいる人もいるでしょう。

 

にきび跡には大きく分けて2つあります。1つは色素沈着、そしてもう1つはデコボコしたクレーターです。

にきび跡の治療方法

にきび跡の治療にはフォトフェイシャル、ケミカルピーリング、レーザー治療などさまざまなものがあります。

 

・フォトフェイシャル治療
フォトフェイシャルとは肌にIPL(Intense Pulse Light)という光をあてて肌のトラブルをなくしたり、肌にツヤや透明感を与える治療法です。フォトフェイシャル治療とレーザー治療を同じものと思っている人もいますが、フォトフェイシャル治療とレーザー治療は違うものです。

 

・ケミカルピーリング治療
ケミカルピーリングとは皮膚にフルーツ酸や乳酸、サルチル酸などの弱酸性の液体を塗り、酸によって皮膚を傷つけることなく古くなった角質を薄く剥がしていき除去する治療法です。ケミカルピーリングはターンオーバーを促がし、たまってしまった古い角質を取り除くことで、肌のくすみをなくし、ツヤやハリを与えます。

 

・レーザー治療
角層にレーザーを当てて殺菌し、にきびの炎症を抑えたり、毛穴につまった皮脂やウミなどを除去したする治療法です。その他皮膚のターンオーバーを促進し、にきび肌を正常な肌に近づける効果があります。

 

・イオン導入治療
イオン導入治療は電気を使ってビタミンCを肌の奥まで浸透させることで、にきびの炎症を抑えたり、にきび跡のデコボコを改善したりする治療法です。

 

にきび跡治療にはその他にビタミン剤や抗生剤を飲んだり、抗生剤入りのローションを塗ったりといった外用薬や内服薬による薬物治療があります。

 

にきび跡の治療は1つではなくいくつかの治療法を合わせて治療する場合があります。
にきび治療をする際はカウンセリングをしっかり受け、あなたのにきび跡にあった治療をしましょう。

1日たった3分!「あること」をするだけでニキビが”スーッ”と治っていく方法
化粧が楽しめる!肌がきれいと褒められた!お客様の声とBefore⇒Afterを見てください!

このページの先頭へ戻る