週に1回だけ、独身に戻れる日

不倫は会う時間が限られていますから、二人の関係をよりドラマチックに燃え上がらせてくれます。
普通の恋人同士のように気軽に電話やメールをすることもできず、記念日や誕生日など大切な行事のときにはほぼ一緒に過ごすことはできません。
不倫相手が同じ職場であれば毎日顔を合わせるものの、二人っきりとはまるで違いますし、いちゃいちゃすることもできませんから余計にフラストレーションが溜まるだけかもしれません。
状況が許すのであれば会う回数も増えますが、実際に逢瀬を重ねることができるのは多くても週に一度くらいが限度のようです。

週に1度しか会えないからこそ恋愛を楽しめる

好きな人と週に一回しか会えないというのは苦しいものですが、自分や相手が既婚者であれば頻繁に濃密な時間を過ごすことはできません。
となると不倫は短い時間でどれだけの濃密な時間を過ごせるかということになりますが、男女間の濃密な時間といえばやはりセックスが大きな割合を占めるでしょう。
ホテルの中であれば誰にも見られることはありませんから周囲の目を気にする必要はありませんから、自分の置かれた環境や立場を忘れて独身時代に戻ったかのような時間を楽しむことができます。

しかし最も重要なものは二人の会話の時間です。
一緒にいられる時間が短いのであれば、そのときにお互いのことをたくさん話して分かり合うことで、会えば会うほど二人の絆は強くなっていきますし、一緒にお風呂に入ったり、行為の最中でも他愛ない話をしたり、一緒に笑いあうことで、普段の生活で凍っていたあなたの「女」の部分がみるみる強くなっていくことを実感できるでしょう。
「妻」ではなく「女」に戻れるこのとき、不倫をしている女性は週に一度独身に戻れるからこそ毎日に耐えていけるという人もいます。

理想をいえば、一緒に美味しいものを食べてデートをしたいところですが、不倫関係においては自由にあちこち動き回ることもできません。
しかし最近ではラブホテルの食事もかなり充実していると評判ですので、色んなホテルを回ってお気に入りを探すのも、独身同士のカップルみたいで楽しいかもしれませんね。