知っておきたい浮気と不倫の違い

この世の中に男と女が存在する限り、浮気や不倫といった男女の問題がなくなることはありません。
ただ浮気と不倫は同じ意味なようで似て非なるものであり、「旦那が浮気している」と「旦那が不倫をしている」というのはイコールではないのです。
浮気や不倫は同じような意味で使われることが多いため、その定義や違いを知っている人はそう多くありませんが、実際浮気と不倫の違いとは一体どのようなものなのでしょうか。

浮気と不倫の違いとは

浮気とは男女間の交際において、本命の相手と交際をしていながらも、相手に隠れて違う相手と交際することです。
浮気、という漢字が表すように、「浮ついた心(気)」の状態を指すものであり、愛情が浮ついている、多情である、心が移りやすい、なども浮気の特徴です。
一方不倫は「不貞行為。道徳に外れたこと。」と定義されており、配偶者のいる男もしくは女が配偶者以外の異性と恋愛・肉体関係を持つ関係を指します。
ただ、例え未婚であっても内縁状態が長く続いている場合は、法律的な関係がなくても不倫と呼ばれることもあります。

肉体関係をもってしまうと不倫になる

つまり不倫は、どちらか一方が結婚をしていることが前提となる関係で、更に「肉体関係を持っている(性行を行う)」という厳密な定義があります。
日本の一夫一妻の結婚制度に反する行為であることから不貞行為と呼ばれますが、浮気はどちらか一方が結婚をしていても結婚していなくても適用され、結婚相手ではない相手に対して浮ついた気持ちがあればそこから浮気と呼べるのです。
しかし浮気は不倫のように「○○をしたら浮気」という定義付けがありませんので、浮気の判断は個々により異なります。

例えば別の異性を意識しただけで浮気と思う人もいるでしょうし、異性の友達と2人で遊びに行ったら浮気と感じる人もおり、その人が「浮気」と思った時点で浮気です。
「手をつないだとき」「二人っきりで飲み行ったとき」「キスをしたとき」「風俗にいったとき」など、個人の主観によって変わりますが、逆に風俗は浮気ではないととらえる人もいるようですから、浮気の定義は個人によりかなりの幅があるといえるでしょう。