夫の行動に我慢できない。どうすれば…

どんなに愛している夫でも、一緒に生活をしていくうちに相手のことが嫌になる瞬間があります。
言動や癖、些細なことでも自分にしてもれば嫌で嫌で仕方なくなって、近寄られるだけでも嫌悪感を感じる人もいるでしょう。
もう嫌だ、別れてやる!と心の叫びを実行に移せればいいのですが、結婚はもはや二人だけの問題ではありませんので、そう簡単に離婚をすることは出来ません。
友人や家族に愚痴を言えるうちはいいのですが、夫の行動・言動のストレスが極限に達したときはどうしたらいいのでしょうか。

ストレスが溜まる夫の行動

よくある悩みが、夫による言葉の暴力です。
家事育児への愚痴、不満、人格を否定するかのような暴言を吐いたり、怒鳴る、蹴散らかすなど、精神的な苦痛はやがて肉体的な苦痛へと変わっていきます。
女性は繊細な生き物ですから、日常的にこうしたことが続くと精神のバランスを崩し、病気になったりふさぎ込んでしまうなど日常の生活を送るのも難しくなってしまいます。

また、耐え難い癖を持っていたり、極度のマザコンだったり、自分の趣味に没頭して妻や家族への優先度が低かったりすると、夫婦仲もだんだんと冷めてきます。
こうした問題を解決するために夫も夫婦間の問題に向き合ってくれればいいのですが、ほとんどの場合は単なるケンカになってしまったり、夫婦関係が悪化するだけですので、そうした環境を作らないためにもあえて見てみぬフリをしてやり過ごす夫婦もたくさんいるようです。

夫の不満を打ち明けられる相手を探そう

どんな夫婦でも何かしらの問題は抱えているものですが、あまりにも我慢をしていると、今度は自分の身が持たなくなってしまいます。
友人や親兄弟、ママ友などできるだけたくさんの人に話を聞いてもらうのが理想ですが、聞いていくれる人がいないのであれば自ら外に出て探す必要があります。
夫婦の問題は放っておいて解決できるものではありませんし、時間が経てば解決策が自然と出てくるものではありません。
ふさぎ込んでしまえば自分が辛くなるだけですから、パートやアルバイトに出たり友達と遊んだり、自ら出会いを探すなど、話せる相手を探すようにしましょう。