不倫という名前の純愛があってもいいんじゃない?

あなたは不倫を肯定派ですか?それとも否定派ですか?
不倫はドロドロとしたもつれからあまりいいイメージではありませんが、逆に不倫こそ純愛だと豪語する人もいます。
確かに不倫は道徳に外れた不貞行為であることは確かであり、何かを犠牲にして傷つけることは否めませんが、2人の関係に何も期待や見返りを持たないという点では純粋な愛なのかもしれません。
なぜなら私たちは恋愛をする上で常に相手に何かしらを期待しており、ときに相手への愛よりも自身のエゴのほうが強いときがあるのですから。

好きな人と結婚したい人は違う

恋愛と結婚は違うといわれるように、「好きな人」と「結婚したい人」は必ずしもイコールではありません。
というのも結婚相手には年収や職業、家柄など打算が行われ、幸せな家庭を築くために相手への愛だけではなく色々な要素を重視するようになります。
そうして幸せになるためにかき集めたはずのものは実はプラスではなくマイナスな要素となる場合がほとんどで、いつしか純粋な愛の優先度が低くなってしまっているのです。

不倫なら打算的な考えを抜きにした純愛が出来る

本来誰かを愛するということは、純粋にその人を好きだという気持ちと相手への思いやりは最優先であるべきですが、世間体や子供のことを考えるとなかなかそれだけでは動けません。
しかい不倫はそういった「幸せになるための条件」が一切抜きで行われる恋愛ですから、まっさらな状態のあなたでまっさらの状態の相手を愛する純愛だと呼ばれるのです。
夫婦間でいつまでも男女として愛し合えればいいのですが、夫婦は互いに「よき夫」「よき妻」を求めるようになりますから、いつしか夫婦間の純愛がなくなっていくのも不倫を増やす原因の一つなのです。

不倫をする人は悪い、よくないことだといわれますが、よくよく考えてみれば一生一人だけを愛し続けられる人はそう多くありません。
自分や相手が結婚していようとしていまいと、人間として誰かに惹かれるのは当たり前のことであり、いくら自分が既婚だからといって我慢できるでしょうか?
その愛が相手に何も求めない純愛であり、また自分が大きく成長できるものであれば、誰にも否定する権利はないのです。