外で恋をしたら夫に優しくできる

夫婦関係を円満に保つには、相手に対する感謝の気持ちがとても重要になります。
相手のため、家庭のために努力をしてもその頑張りを認めてもらえなければ悲しいですし、何かしらの見返りがなければ「こんなに頑張ってるのにどうして分かってくれないの」と不満が出てきてしまいます。
夫がどんなに仕事を頑張っていたとしても言葉や行動で感謝の心を示してもらえなければ「愛されてない」と感じますし、虚しさから自分の存在意義さえも分からなくなってしまうかもしれません。
こうした状態が続くと、ちょっとしたことで夫にイライラしたり口論になったりして夫婦関係が悪化してしまいますが、不倫をしたら逆に夫婦仲が良くなったというケースもあるのです。

「外で恋をしたら夫に優しくできる」の続きを読む…

「私にもあるかも」ドロドロとした不倫願望

あなたは不倫願望を感じたことはありますか?
「生涯に渡り、夫ただ一人を愛し続ける」ことは結婚の理想ですが、果たしてこの理想を貫ける夫婦がどれだけいるでしょうか。
既婚者の不倫願望は、結婚5年目ほどで約50%、結婚10年目ほどで60%、そして結婚10年目を超えるとなんと70%ほどの妻たちが「不倫に憧れる」「不倫をしてみたい」と答えており、結婚期間が長くなればなるほど不倫願望が強くなっているのが分かります。
それでは実際にどんな状況やどんな感情を持っているときに不倫願望を持つようになるのでしょうか。

「「私にもあるかも」ドロドロとした不倫願望」の続きを読む…

夫の行動に我慢できない。どうすれば…

どんなに愛している夫でも、一緒に生活をしていくうちに相手のことが嫌になる瞬間があります。
言動や癖、些細なことでも自分にしてもれば嫌で嫌で仕方なくなって、近寄られるだけでも嫌悪感を感じる人もいるでしょう。
もう嫌だ、別れてやる!と心の叫びを実行に移せればいいのですが、結婚はもはや二人だけの問題ではありませんので、そう簡単に離婚をすることは出来ません。
友人や家族に愚痴を言えるうちはいいのですが、夫の行動・言動のストレスが極限に達したときはどうしたらいいのでしょうか。

「夫の行動に我慢できない。どうすれば…」の続きを読む…

離婚するつもりはないけど現状にも不満がある

普段は普通の主婦として過ごし、平日の昼間だけ違う男性に恋をするというリアリティが話題になった「昼顔」。
疑似体験さながらのドキドキ感で夢中になっていた人も多いのではないでしょうか。
しかし実はテレビドラマだけではなく、実際に家とは別の顔になるという本物の「昼顔妻」が増えてきているといいます。
こうした現状にはどのような背景があるのでしょうか。

「離婚するつもりはないけど現状にも不満がある」の続きを読む…

誰にも内緒で、私だけの恋がしたい

結婚とは相手を「病めるときも健やかなる時も愛して一生を添い遂げる」契約ですが、妻が求めているのは大げさなことではなく毎日のささやかな幸せです。
日々の出来事を話し合い、笑い合い、そしてときに恋人同士のように甘えさせてくれて、いつでも気にかけてくれる、たったそれだけのことがなかなか叶いません。
結婚前は小さな変化にも気づいてくれたのに、今では髪を切っても気づかず新しい洋服を買っても気づかない…無関心は女性の心を大きく傷つけるものです。
女は結婚してもいつでも恋をしていたいもの、夫が妻との恋愛を放棄するのであれば、他の男性へと目が向くのも仕方がないことでしょう。

「誰にも内緒で、私だけの恋がしたい」の続きを読む…

幸せな夫婦ははずなのにどこかからっぽ

「不倫なんて、所詮テレビか週刊誌の話。自分とは関係ない」そんな風に思っていませんか?
人生何があるか分からないもので、昨日まではごくごく平凡な主婦として暮らしていたとしても、些細なことをきっかけに禁断の不倫へと足を踏み入れてしまう可能性は十分にあります。
犯罪を犯した人が「まさか、あの人が…」といわれるように、人は時々その見た目や印象、言動に似つかわしくない行動を取るものです。
しかしこうしたことは突発的なものではなく、長い時間からっぽの心を抱え精神的な満足が出来ていないことが大きな原因となっています。

「幸せな夫婦ははずなのにどこかからっぽ」の続きを読む…

一回限りの関係でも愛を感じて女の自信を取り戻したい

男はからだでセックスをし、女は心でセックスをするといわれています。
男のからだは種を残すという本能から好きでもない女性を抱くことができますが、女のからだはそのように単純なつくりではありません。
どんなにテクニシャンの男に触れられても全く感じないこともあれば、不器用な男性でも心がつながることで最高に気持ちのいいセックスをすることが可能ですし、何度もオーガズムを感じることもできます。
定期的に幸せなセックスをしている女性は肌ツヤが良く、実際の年齢よりも随分と若く見えるものですが、逆にセックスレスだったり義務感のセックスをしていると表面にもその影が浮き出てくるものなのです。

「一回限りの関係でも愛を感じて女の自信を取り戻したい」の続きを読む…

夫との関係が冷めている…もう一度輝きませんか?

一度は生涯の愛を誓って結婚をした相手でも、時間の経過とともに二人の関係が変わってしまうことがあります。
結婚の安心感からお互いへの関心も徐々に薄れ、他愛ないことで笑いあうことが減り、日々の会話もなくなり、食事中でさえテレビや携帯電話に夢中でもはや何のために一緒にいるのか分からない。
一昔前であれば妻は家庭を支える淑女としてひたすら我慢を強いられ、不倫や浮気は男性の特許とされてきましたが、現代ではこうした風潮はもはや古いものとなって女性も積極的に不倫をするようになってきました。

「夫との関係が冷めている…もう一度輝きませんか?」の続きを読む…

妻でも母親でもない、もう一度女性として扱われたい

女性は妻として、母親として、娘として、パート主婦として、そして女性として、たくさんの面と問題を抱えています。
その問題は年齢と経験を重ねれば重ねるほど複雑になり、人に話せなくなって自分だけで抱え込んでしまう傾向にあります。
特にセックスレスである場合は心身共に深い傷となっていますので、ちょっとやそっとの慰めで簡単に癒えるようなものではありません。
セックスをしなくなってしばらくは家事や育児でさほど気にならなくても、時間の経過とともに虚しさや寂しさが誤魔化せなくなり、自宅でも居場所を感じれなくなってしまうのです。

「妻でも母親でもない、もう一度女性として扱われたい」の続きを読む…

セックスレス。このまま女を終わらせたくない奥さん急増中

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられるメジャーな問題、セックスレス。
その原因はEDや倦怠期などよく知られているものだけではなく、夫婦間の複雑な悩みや小さな問題が積み重なって起こります。
つまりセックスレスはある日突然起こるものではなく、本人たちが気づかないほど些細な日常から始まっており、気づいたときには深刻な問題となっていることがほとんどです。 「セックスレス。このまま女を終わらせたくない奥さん急増中」の続きを読む…