サンカラーとの出会い / ヘアカラー・毛染め・白髪染め体験談

光で染まった簡単毛染め・サンカラーとの出会い

仕事を始めるに当たって白髪染めをしなくてはならなくなった私。憧れは女優の草笛光子さん。あの豊かな美しい銀髪は彼女自身を表現しているように思います。深い経験と若さの共存ですね。

 

私の場合は、髪質が豊かには縁遠い。若いときは手に余った量も年々細くなり減ってきて、今は薄毛です。
美容院頼みのヘアカラーには文句はないのですが、伸びてくる根元の白髪が悩みの種。5mm伸びてくるともう気になって駄目。1cmくらいまで我慢して部分染めのために美容院の繰り返し。多分多くの皆さんがそうなのでは、と思います。

 

街で見かける方々が綺麗な髪を保っていらっしゃいますから。そして義姉もそうです。
私自身は一人っ子なのですが、主人は兄弟が多く結婚して沢山の義兄姉ができました。長姉は全くの銀髪スタイルで、美人なので素敵です。次姉は正反対の自然派で白髪混じりのショートヘア、三姉と義姉は美容院派です。

 

ときおり電車の中など分け目の白髪が大分伸びている方を見たりすると、ちょっといやになりますね。
個人の自由なのですが、美容関係の仕事をしている友人に「40歳を過ぎたら化粧しないで外出はマナー違反」と言われたことを思い出してしまいます。きつい言葉でしょうが人にいやな思いをさせるのがマナー違反なら、白髪の伸びた状態のままの外出もタブーなのでは?  帽子などでお洒落に隠して欲しいものです。

 

私の場合、化粧は簡単に眉と口紅くらいで素顔に近い方が好きですが、髪の白髪は神経質なほど気にします。

 

折り込み広告で見つけたサンカラー

 

伸びた白髪に悩んでいたとき、折り込み広告で見つけたのがサンカラー。光で自然に染まるというもの。半信半疑でしたが早速購入。1、2回使用してすごくホッとしました。染まっていたのです。自然色に。

 

光で染まるタイプなので帽子はないほうが良い。「染まっているかな」と楽しみで買い物にも帽子なしで行ったりしました。紫外線の髪への影響の心配と、白髪の心配は相反した形になりましたが、染まるのが嬉しい。

 

家の中の光線でも染まるこのサンカラー。とても頼りにはなったのです。ただ光のあたり難い髪の中まではしっかり染まらないのですが、分け目の白髪染めには効果的でした。

 

美容院のヘアカラー回数も減ってきて、説明をすると「知らなかった」の声。「でもしっかり色は入ってますね」と言っていました。チューブ入りの白いクリーム状で、部分染めならかなり長く使用できます。

 

男性用の黒と女性用の茶色しかないのですが、光媒介の染色なので地毛に近い色合いに染まるみたい。価格は今流行りのヘアカラートリートメントと変わりがなく、安くはありません。美容院の全体染めとサンカラーの部分染めのコンビスタイルはしばらく続きました。