花粉症の仕組み / 花粉症対策と治療

花粉症のしくみ

一度なるとなかなか治すことができない花粉症。とてもやっかいですよね。
春や秋など、花粉が飛び始める季節になると、あちこちでくしゃみをしている人や、花粉症マスクをしている人をみかけます。

 

「風邪でもひかれたんですか?」
「いえ、花粉症なんです。鼻水は止まらないし、鼻や目はむずむずかゆくってかゆくって。」

 

といった会話を耳にしたことがある人は多いでしょう。また、実際にこういった会話をしたことがある人も多いのではないでしょうか。症状が風邪と似ていて国民病とも言われる花粉症、その仕組みをご存知ですか?

花粉症は花粉が原因で起きるアレルギー

花粉症は誰もが知っているように花粉が原因で起きるアレルギーです。
人間の体は異物が入ってくると、それを排除しようという力が作用します。私たちの日常には目に見えないカビや菌があちこちにうようよしています。しかし、それらのカビや菌に対して私たちの体は異物を排除しようという力が作用し、それらのカビや菌を知らず知らずのうちに退治しているのです。このカビや菌のような異物は抗原と呼ばれます。この抗原と結びついて排除する役割をする物質を抗体と呼びます。アレルギーは抗原(異物)を排除しようとして抗体が過剰に反応したときにでる症状です。

 

花粉症は体が花粉を異物と認識し過剰に反応することでくしゃみや鼻水、目のかゆみといった花粉症の症状があらわれます。

花粉症の起こる流れ

花粉症の起こる流れは次のようになっています。

 

 

 花粉が体に入ってくる
  ↓
 体が花粉を異物と判断する
  ↓
 抗体(IgE抗体)を作る
  ↓
 再び花粉が入ってくる
  ↓
 鼻や目粘膜にある抗体と結合する
  ↓
 ヒスタミンやロイトコリエンが分泌される
  ↓
 花粉を外に出そうとしてくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが症状にあらわれる

 

 

花粉が体に入ってきて体が花粉を異物と判断します。すると異物である花粉に対抗するために抗体(IgE抗体)を作ります。そして抗体ができた後に、再び花粉が入ってくると鼻や目粘膜にある肥満細胞で待ち構えている抗体と結合します。その結果、肥満細胞から化学物質であるヒスタミンやロイトコリエンが分泌され、花粉を外に出そうとしてくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが症状にあらわれます。

 

この時に出される化学物質のヒスタミンは知覚神経を刺激する物質でくしゃみ、鼻水、目のかゆみを引き起こします。また、ロイトコリエンは血管を拡張させる物質で、鼻づまりを引き起こします。