手術・レーザー治療 / 花粉症の治療方法 / 花粉症対策と治療

花粉症の手術療法

花粉症の手術療法には下鼻甲介を切るものや鼻の粘膜の一部をレーザーで焼くレーザー手術などがあります。

 

下鼻甲介を切る手術

 

下鼻甲介を切る手術はアレルギーで腫れた下甲介の肉を切除して空気の通り道を作るもので、手術後だいたい1〜2週間で鼻が通るようになります。

レーザー手術

鼻の粘膜の一部をレーザーで焼く手術は鼻の粘膜を焼くことで鼻通りをよくします。レーザー手術は下鼻甲介切除手術よりも時間が短く、出血や痛みが少ないという利点があります。

 

その他手術療法には高周波電気凝固術、化学薬剤手術などがあります。

 

手術療法は鼻づまりがひどい人、薬が効かなかったり薬アレルギーがある人、局所的点鼻薬が聞かない人などに向いています。
手術をすれば完治すると思っている人もいるようですが、それは間違いです。手術の効果や持続性は個人差がありますが基本的には1年くらいしか持ちません。そのため少なくとも1シーズンに1回の手術が必要となります。

手術・レーザー治療 / 花粉症の治療方法関連ページ

花粉症の治療薬
花粉症の治療薬 / 花粉症の治療方法 / 花粉症対策・対策商品と花粉症の治療について