EDの予防方法 / ED治療と予防・対策

EDの予防方法

EDはどうやって予防するか

勃起し難くなったり、勃起しても通常より軟らかかったり、勃起状態が持続できないという症状がでるED。EDは加齢とともになりやすくなりますが、ストレスや病気などが原因でもおこるため、若い人にもおきる疾患です。

 

勃起は男性にとって非常に重要な役割を果たすため、EDになってしまうと、勃起能力が減退するだけでなく、自分に自信がなくなり精神にも悪い影響を与えます。EDになって悩む前に、日頃からED予防をするようにしましょう。

ED予防のために気をつけるポイント

ED予防でまず大切なことに規則正しい生活があげられます。生活が乱れると肥満や糖尿病、高血圧症、動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病を招き、EDになりやすくなります。

 

EDになりにくい体を作るために次の点に気をつけましょう。

 

・ バランスのよい食事を心がけましょう。
乱れた食生活は健康を阻害し、生活習慣病を招きます。生活習慣病はEDを引き起こす大きな原因の1つです。

 

・ 睡眠をしっかりとって疲れをためないようにしましょう。
睡眠をしっかりととらないと疲れがたまり、むくんだりし、新陳代謝が悪くなります。また、血流も悪くなるためEDになりやすくなってしまいます。

 

・ 適度な運動をしましょう。
適度な運動は新陳代謝をよくし血液の流れをスムーズにしたり、ストレス解消や、筋肉維持につながりED予防となります。

 

・ リラックスタイムをとり心に余裕をもつようにしましょう。
身体や心をリラックスさせることで血流がよくなり、またストレスがたまりにくくなるためEDの予防につながります。

 

・ ストレスをためないようにしましょう。
ストレスはEDの大きな原因となっています。自分にあったストレス解消法をみつけてストレスをためないようにしましょう。

 

・ タバコの吸いすぎに気を付けましょう。
タバコは血液の流れを妨げるため、吸いすぎることで陰茎への血流を悪くしEDの原因となることがあります。

 

・ アルコールの飲みすぎに気をつけましょう。
アルコールを過剰に摂取することで一時的な勃起障害を起こすことがあります。

 

・ きつい下着を着用しないようにしましょう。
きつい下着を着用していると性器がしめつけられ、熱を持ってしまうためEDになりやすくなってしまいます。

 

このようにED予防にはさまざまなポイントがあります。
たくさんあるED予防ポイントの中で特に大切なものは「食事、運動、休養」の3つです。この3つを軸にED予防をして健康な身体を維持し、EDにならないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ