ED治療と予防・対策 / EDからの復活!EDの原因・予防法やチェック方法、ED治療方法やED治療薬などについて

ED治療と予防・対策

EDとは

ED(イーディー)とはなんのことか知っていますか?
女性の場合は聞いたことがないという人もいるでしょう。男性ならおそらく知っている人は多いのではないでしょうか。EDとはErectile Dysfunctionの略でEDは勃起しにくい状態のことをさし、日本語では勃起障害、勃起不全といわれています。EDは男性にとっては深刻な悩みです。EDになると自分自身に自信がなくなり毎日が憂うつになってしまいます。

増えているEDとED予備軍の男性

最近EDやED予備軍の男性が増えていると言われています。
性欲はあるのに勃起しない、勃起に時間がかかる、勃起してもそれが持続できない、勃起はするけれど十分かたくならない、満足な性交が行えないなどの症状がある人はEDのおそれがあります。

 

EDの原因は、コンプレックスやストレスが原因で起こる場合と、血管系や神経系の病気が原因でおこる場合、そして薬が原因でEDになる場合があります。

 

順に見ていきましょう。

コンプレックスやストレスが原因でEDになる場合

<EDにつながるコンプレックスとストレス>

 

・ ストレス
仕事のストレス、同僚や家族・友人などとの人間関係によるストレス、金銭的な悩みによるストレスなどが原因でEDになることがあります。

 

・コンプレックス
性交中に傷付くことを言われたことでコンプレックスを感じたり、自分の性交に自信がなくコンプレックスを感じることでEDになる場合があります。

 

・ トラウマ
性的なトラウマや幼児期の嫌な体験などが原因でEDになることがあります。この場合、自分ではその原因に気づかないことがあります。

血管系や神経系の病気が原因でEDになる場合

<EDにつながる血管系、神経系病気>

 

・血管系の病気
糖尿病、高血圧症、心血管障害、高脂血症などの疾患は血液の循環を悪くし、勃起に影響をあたえEDの原因となります。

 

・ 神経系の病気
脳腫瘍、脳出血、脳外傷などを患うと脳からの信号が陰茎に伝わりにくくなるためEDの原因となります。

 

また、パーキンソン病やアルツハイマー病もEDの原因となります。

薬が原因でEDになる場合

コンプレックスやストレス、血管系や神経系の疾患などのほかに、薬が原因でEDになる場合もあります。降圧剤やうつ病の治療薬はEDの原因となることがあるとして知られています。またその他、飲酒、喫煙、ホルモンバランスの乱れなどが原因でEDになることもあります。

 

EDかなと思ってもなかなか治療に踏み出せない人が多くいます。しかし、EDになってしまうとうつ状態になったり、夫婦関係がスムーズに行かなくなったり、自分に自信がなくなったりとさまざまなマイナスが生じてきます。EDかなと思ったら恥ずかしがらずに早めに病院に行き治療するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ