HOME > ビジネスの悩み解決 > せどり

せどりとは

せどりとは、簡単に言うと「ブックオフで買った本をアマゾンで売る仕事」です。

最近ブックオフに行くと、本を取っては携帯でチャカチャカ何かを調べてまとめ買いしている人を見た事がありませんか?彼らは「せどらー」と呼ばれ、せどりをしている人たちです。

本を手に取って、携帯からアマゾンの価格を調べるサイトなどへアクセスし、その本が今どういう相場で売られているのかを調べ、「買い」だと判断したらかごに入れていきます。

「せどり」とは「背取り」の事で、本の背を取り、そのバーコードを調べる作業からきた言葉だそうです。

せどりは初心者でも利益を出しやすいビジネス

せどりは非常に参入障壁が低い(初心者でも初めやすい)ビジネスです。

ブックオフで本を買って、それをアマゾンに登録して、注文が入ったら梱包して発送する。
この単純作業を繰り返すだけです。

それだけでなぜ儲かるのかと言うと、ブックオフとアマゾンでは客層が違うからです。

ブックオフのお客さんは近所のおばちゃんや、学生がメインになります。
そのため、一般的に出回ってるような本がよく売れる傾向にあります。

対して、アマゾンのお客さんはインターネットを利用している世界中の人間です。
その中には非常にマイナーな本やニッチな本を求めている方がたくさんいます。

世に余り出て無いような本を高額で探しているお客さんがたくさんいます。
そして、アマゾンはオークションのように誰でも簡単に販売者として登録することができます。

せどりはその客層の違いと、誰でも販売者になれる機能を使って両者の橋渡しをします。

ブックオフで売れず、アマゾンで高く売れそうな本を見つけて安く購入し、利益を乗せて販売するんです。

中には、100円コーナーで買った本が1万円以上で売れたりすることもあります。
経験を積んで目利きができるようになると、こういった事も確率が上がってきます。

せどりのデメリット

せどりのデメリットは在庫を抱えるという事です。
在庫の本を置いておくためのスペースがある程度必要です。

せどり関連の役立つ外部リンク

  • amazon - ここで本を販売していきます。
  • BOOKOFF店舗検索 - BOOKOFF公式サイトの店舗検索ページ。あなたの近所のBOOKOFFをここから探すことができます。
  • ISBNでネット書店をサーチ - ISBN検索ができます。ISBN検索をしたことがない人は身近な本を手にとって本の裏表紙にあるISBNコードを入力してみて下さい。

>> ビジネス関連トップに戻る
>> トップページに戻る