HOME > ビジネスの悩み解決 > ドロップシッピング

ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは、サイトを作ってそこで商品を販売していくビジネスです。他社の製品を扱う代理店のようなビジネスになります。

ドロップシッピングのサイトからで注文が入った時点で、それをベンダー(メーカーや卸売り業者)から直送させるネットショップの運営方法の一形態です。ベンダーの卸値に利益を上乗せをして販売価格を設定し、販売価格と卸値の差額分が利益となります。注文を受け次第、注文情報をベンダーに転送することで商品の発送を代行してもらうことができます。そのため、在庫を持たずにネットショップを開くことができます。

ドロップシッピングの特徴

ドロップシッピングの特徴は、在庫を持つ必要が無いという事です。
販売だけを請け負うので、商品の梱包から発送まで全ては商品作成者がやってくれます。自分はただ、サイトで商品を紹介し、お金を払ってもらうだけです。商品を作らず、在庫を持たず、ただ売るだけなので、アクセスを集めたり販売をすることが得意な人に向いています。

ドロップシッピングとアフィリエイトの違い

ドロップシッピングはアフィリエイトと似ていますが、アフィリエイトとの最大の違いは販売価格を自分で決められることです。また、ドロップシッピングでは、商品を販売して卸値との差額で利益を出すため、アフィリエイトのように無料の資料請求などで利益を上げることはできません。

ドロップシッピングを成功させるには

ドロップシッピングを成功させるには、分野を絞っていく事が大事です。

また、サイトに個性を持たせてオリジナリティを出す事で、定期的に訪問してくれるリピーターをどれだけ増やせるかがカギとなります。

ドロップシッピング関連の役立つ外部リンク

>> ビジネス関連トップに戻る
>> トップページに戻る