HOME > ビジネスの悩み解決 > アフィリエイト > PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトとは

YahooやGoogleで検索をすると、検索結果の上下と右側の目立つ箇所に線で区切られて表示されるサイトがあります。

Yahooならスポンサードサーチ、Googleならスポンサーリンクと表記されている位置です。

この位置は広告になっていて、サイト運営側がお金を払ってあの位置に広告を出し、サイトへのアクセスを集めています。

検索結果の上位に表示する代わりに、クリックされるたびに「1クリックいくら」といったお金を払って広告部分からアクセスを集めているわけですね。

ちなみに、PPCとは、Pay Per Clickの略で、クリック毎の支払いという意味です。

PPC広告の仕組み

PPCの広告費

PPC広告ではただ表示されているだけではお金はかからず、実際に広告がクリックされて、サイトを見てもらったときにはじめてお金がかかります。

PPC広告のクリック単価はいくらかかるのかと言うと、これは競売のようになっています。

検索キーワード毎に自分で価格を設定し、高い値段をつけた順に表示される感じです。
(実際には金額だけでなく、広告の文章や広告先のサイトの内容なども考慮されて順位が決まります)

人気の高いキーワードであればライバルが多くなり、その分クリック単価は高額になるし、マイナーなキーワードであれば、クリック単価も安価で済みます。

人気の高いキーワードだと、1位に出すのに1クリック1000円以上するキーワードもあります。

例えば「フレッツ光」というキーワードだと、1位に出すにはクリック1000円では足りません。
でも、「フレッツ光 料金」にすると、単価はグンと下がります。
「フレッツ光 料金 案内」にするとさらに単価は下がっていきます。

こうやってキーワードを組み合わせた「複合キーワード」を利用して安いクリック単価で高い成約率を得られるキーワードを探していくのがPPCアフィリエイトで成功する秘訣です。

PPCアフィリエイトで成功する秘訣

例えば1クリック10円の広告費を払ったとして、利益が1万円の商品を売っているなら、1000人に1人買ってくれれば利益はトントンです。(10円×100=コスト1万円)
1000人に1人というのはかなり成約率が悪いので、500人に1人買ってくれれば5000円の利益、100人に一人買ってくれれば9000円の利益となります。

PPC広告では、クリック率、クリック単価、アフィリエイト報酬を数式にすれば、利益が出るか出ないかが数字でわかります。

アフィリエイト報酬×成約率 でクリック単価を計算し、それ以下の広告費でアクセスを集められればプラスになります。

PPCアフィリエイトで稼ぐための計算式

まず、何クリックに1件成約するか(ASP側でおおよそのデータが出ています)、そしてアフィリエイト報酬がいくらかを計算します。

例えば【アフィリエイト報酬10000円、成約率1%】なら、【100アクセスに1件売れて10000円入る】ことになりますよね。

ということは、100アクセス集める広告費が10000円以下なら利益が出るということです。
100アクセス=10000円、つまり1アクセス100円以下の広告費なら利益が出ますね。

その場合、例えば1クリックの広告費を70円に設定して100アクセス集まれば、広告費7000円(70円×100アクセス)が広告費で、1件売れれば10000円の利益なので差額の3000円が利益になります。

これが1000アクセス、10000アクセスと増えていくごとに利益も大きくなっていきます。

また、成約率が1%(100アクセスに1件成約)で計算しましたが、これが2%に上がれば利益はもっと大きくなります。単純に成約率が2倍だから利益も2倍の6000円ではありません。成約率が2倍になれば同じアクセス数で2件売れますので、報酬は20000円です。対して広告費は同じ7000円なので、利益は13000円となり、成約率1%のときの4倍以上になります。

報酬も同様で、1件10000円で計算しましたが、これが1件15000円になればさらに利益は大きくなります。

このように、PPCアフィリエイトはまず理論上の計算で利益が出るかどうかの予測をし、それをもとに実際に広告を出して予測通りになるかのテストを行っていけば、損をすることはほとんどありません。しかも、利益が出る広告を見つければ見つけるほど利益が増えていきます。

もちろん最初はその数字を出すためのデータを取らなければいけないので、アクセス解析などでアクセスを集めていく必要がありますが、データが集まればほぼ確実な「利益が出る広告だけ」を残していくことができます。

こういった計算で広告を出して、支払う広告費よりアフィリエイト報酬のほうが高くなるようにアクセスを集めてアフィリエイトをするのがPPCアフィリエイトです。

ようするに、PPCアフィリエイトとは、サイトを作って、そこへPPC広告で誘導し、アフィリエイト販売を行うという事です。

PPCアフィリエイトの特徴

PPCで販売をする場合、通常のサイトアフィリエイトと違い、1ページだけのサイト(ペラページ・ペラサイトなどと言います)でいいので、サイト作りにそれほど時間と手間がかかりません。

大衆化しているものやお金を払う認識があるもの、つまり「お金を払う前提で検索するもの」が売れやすいというのが特徴です。

証券会社の資料請求や英会話の申し込みなど、お客さんが無料で申し込めるサービスを利用する手もあります。

PPCアフィリエイトで重要となるのは、コピーライティングのスキルとマーケティングのスキルです。読みやすくて、商品がほしくなるような文章を書くコピーライティングのスキルが重要となります。
また、成約率の高いキーワードを見つけ出すマーケティングのスキルも重要となります。

この2つのスキルが上がれば、「PPCアフィリエイトで稼ぐための計算式」のところで書いた重要な【成約率】を上げることができます。

PPCアフィリエイト関連の役立つ外部リンク

アフィリエイトASP

  • A8.net - 日本最大級の大手アフィリエイトASP。こことバリューコマースに入れば情報商材以外はほとんどのアフィリエイト広告があります。
  • バリューコマース - 同じく日本最大級の大手アフィリエイトASP。こことA8.netに入れば情報商材以外はほとんどのアフィリエイト広告があります。
  • アクセストレード - アフィリエイトASP。A8.netやバリューコマースにはない独自広告案件なども多数あります。
  • 楽天アフィリエイト - 楽天専用のアフィリエイト。楽天が運営。
  • amazonアソシエイト - amazon専用のアフィリエイト。amazonが運営。
  • インフォトップ - 情報商材のアフィリエイトASP最大手。
  • インフォカート - 同じく情報商材のアフィリエイトASP。

アフィリエイトに役立つ情報

  • 売上が上がるホームページの秘密 - アフィリエイトではホームページやブログの「作り方」が重要になってきます。ここでは売上が上がるホームページの作り方について書かれています。情報販売でよくある問題と解決方法のページでは情報販売の様々な問題の解決方法が書かれています。
  • アメブロから集客する方法とツール - 無料ブログでアクセスを集めやすいアメブロを使って集客をする方法とそれを効率化するツールについて書かれています。
  • Dreamweaver入門 ドリームウィーバーの使い方 - プロ向けホームページ作成ソフトDreamweaverの使い方などが紹介されたサイトです。
  • SIRIUS - ブログと同じくらい簡単に検索エンジン対策に強いホームページが作れて、携帯サイトやスマートフォン用ホームページも同時に作れるソフト。月数百万円稼いでいるトップアフィリエイターも「サイト製作ではSIRIUSを使っている」とセミナーで話していた、アフィリエイターにはおすすめのホームページ作成ソフトです。

>> アフィリエイトトップに戻る
>> ビジネス関連トップに戻る
>> トップページに戻る