アトピー的要因と非アレルギー的要因 / アトピー性皮膚炎の治療方法と対策

医学博士も推薦する自宅でできるアトピー改善法
乳児から大人まで対応の薬を使わないアトピー改善方法

アレルギー的要因

アトピー性皮膚炎の発症にはアレルギー的要因と非アレルギー的要因が深く関わっています。アトピーと聞くと原因はすべてアレルギーと思いがちですが、実はアトピー患者の約2割はアレルギーが原因ではなく発症しているのをご存知ですか?

 

アレルギー的要因には遺伝的要因や環境要因があります。

 

■遺伝的要因

 

アレルギー的要因の遺伝的要因は家族や本人がアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などになったことがあったり、アレルギー反応を起こす抗体であるIgE(免疫グロブリンE)が出やすいなどのアレルギー体質があげられます。

 

■環境要因

 

アレルギー的要因の環境要因にはダニ、ハウスダスト、食品(卵、牛乳、ソバ、小麦、大豆、ゴマなど)、花粉、カビなどがあります。

 

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、病院で診察、パッチテストなどを受け、自分のアレルギーの原因を調べてもらいましょう。そして、アレルギーの原因となるものを生活の中からできるだけ取り除きましょう。

非アレルギー的要因

非アレルギー的要因にも遺伝的要因や環境要因があります。

 

■遺伝的要因

 

非アレルギー的要因の遺伝的要因にドライスキンがあります。生まれつきドライスキンの人は肌が乾燥しやすく、皮脂が不充分なため、潤いを維持することができずアトピー症状が出やすくなります。

 

■環境要因

 

非アレルギー的要因の環境要因には乾いた空気による乾燥、夏場の汗や運動時にでる汗、清潔でない手で引っかくこと、不規則な生活やストレスなどがあります。

肌の乾燥に注意

アトピー性皮膚炎の人は空気の乾燥により肌がカサカサ乾燥して症状がひどくなるので、乾燥しないようにする必要があります。特に冬場は空気が乾燥するため注意が必要です。

 

また、入浴後は肌がとても乾燥しやすいので、保湿効果のある入浴剤をお風呂にいれたり、入浴後に保湿剤を塗ったりして乾燥を防ぎましょう。お風呂で体を洗う時は強く洗わず優しく洗って肌に強い刺激を与えないようにしましょう。ナイロンタオルは肌への刺激が強いので避けましょう。
また、刺激を与える生地を使用した服(ウールやモヘアなど)は肌を刺激してアトピー特有のかゆみを引き起こす原因となるので服を選ぶ時は生地に注意しましょう。

 

その他、アトピー性皮膚炎の対策としてストレスをためず、睡眠と休息をしっかりとって規則的な生活を送ることが大切です。