日常生活におけるアトピー対策 / アトピー性皮膚炎の治療方法と対策

医学博士も推薦する自宅でできるアトピー改善法
乳児から大人まで対応の薬を使わないアトピー改善方法

日常生活におけるアトピー対策

ここで日常生活におけるアトピー対策をご紹介します。

 

・皮膚を清潔に保つ
アトピーの人は皮膚のバリア機能が低下しているため、ちょっとしたことで荒れたり、かさついたり、切れてしまったりします。また免疫力も低下しがちなので、ばい菌が入ったりしないように皮膚は常に清潔にし、保湿するようにしましょう。外出した後は手洗いだけでなく、顔も洗い汚れを落としましょう。

 

・入浴時、入浴後の保湿
体を洗うときは皮膚に刺激を与えるナイロンタオルは避け、肌に優しい柔らかい素材のタオルを使用して優しく体を洗いましょう。入浴の際は保湿効果のある入浴剤を使用して潤いを保ちましょう。また、入浴後は肌が乾燥しやすいので保湿剤を塗り乾燥を防ぎましょう。

 

・汗対策
アトピーは汗を掻くことで肌のブツブツがひどくなったり、かゆみが増したりと症状が悪化することがあります。汗をかいた場合はすぐにシャワーを浴びるようにしましょう。また、外出時なら濡れタオルを準備しておき、汗を拭くようにしましょう。

 

・部屋の掃除
ハウスダスト、ダニ、カビなどはアトピー症状を引き起こす原因となります。掃除はこまめにし、水拭きなどするようにしましょう。また、布団は干した後にしっかりとホコリやダニを落として取り込みましょう。

 

・服の選び方の注意
アトピーは身につける下着や服の素材により症状がひどくなる場合があります。通気性がよく、肌に刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。衣服の洗濯時はしっかりすすいで洗剤が残らないように気をつけましょう。また、下着を購入した時は一度洗ってから使用するようにしましょう。

 

・規則正しい生活を心がける
疲労や睡眠不足などは免疫力を低下させたり、ストレスを増やし、アトピーの症状を悪化させる原因となります。睡眠をしっかりとり、体を休ませるようにしましょう。不規則な食生活もまたアトピーの症状を悪化させる原因となります。バランスの取れた食事をするように心がけましょう。除去食療法を行っている場合は代替食品を取り入れ栄養不足にならないようにしましょう。

 

・リラックスを心がける
ストレスがたまるとアトピーの症状が悪化する場合があります。アトピーの症状に敏感に反応したり、神経質になり過ぎないように注意しましょう。

日常生活におけるアトピー対策 / アトピー性皮膚炎の治療方法と対策関連ページ

スキンケア対策
スキンケア対策 / アトピー性皮膚炎の原因や治療方法、対策など
アトピー対策入浴剤
アトピー対策入浴剤 / アトピー性皮膚炎の原因や治療方法、対策など
汗対策
汗対策 / アトピー性皮膚炎の原因や治療方法、対策など