薬物療法 / アトピー性皮膚炎の治療方法と対策

医学博士も推薦する自宅でできるアトピー改善法
乳児から大人まで対応の薬を使わないアトピー改善方法

薬物によるアトピー治療の方法

アトピーの治療の1つに薬物療法があります。
アトピー治療の薬には皮膚がカサカサと乾燥するのを改善する保湿剤や湿疹の炎症を抑える効果のあるステロイド外用薬、アレルギー反応を抑える効果のある抗アレルギー薬などがあります。

保湿剤で皮膚の乾燥を防ぐ

アトピー治療に使用される保湿剤は皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを与え、皮膚を守りかゆみを防ぐ効果があります。保湿剤をつけていればアトピーが完治すると勘違いしている人がいますが、保湿剤は皮膚に潤いを与え保護するものでアトピーを完治させる薬ではありません。

ステロイド外用薬で皮膚の炎症を抑える

アトピーの治療に使われるものとしてよく知られているものにステロイド外用薬があります。ステロイドとは体内で作られる副腎皮質ホルモンを化学的に作った合成副腎皮質ホルモンのことです。

 

ステロイドには炎症を抑える抗炎症作用があり、ステロイドを使用することでアトピーの症状である皮膚の炎症を抑えることができます。また、ステロイドは免疫抑制作用もあり、ステロイドを使用することでアトピー時に見られる炎症の原因となるヒスタミンの分泌を抑えアレルギー反応を抑えることができます。

 

ステロイド外用薬にはさまざな種類があり、抗炎症作用の強弱によって5段階に分けられています。

 

ステロイドには副作用があるため使用には注意が必要です。副作用には毛細血管拡張、色素沈着、皮膚萎縮、紫斑、赤斑、感染症などがあります。ステロイドを使用する際、早く症状を抑えたいからといって単純に薬効が高いものを選んで使用するのは非常に危険です。

 

ステロイドはその強力な効果と副作用でいい意味でも悪い意味でも注目を浴びている薬です。最近は脱ステロイドという言葉が広く使われ、ステロイドに頼らずにアトピー症状を改善しようという声が高まっています。アトピー治療にステロイドを使用することについては賛否両論がありますが、自己判断で使用量を変えたり中止することは危険です。使用に関しては必ず医師と相談するようにしましょう。また、使用する際は医師からの説明をしっかり聞き、疑問点は必ず医師に質問するようにしましょう。

抗アレルギー薬はアレルギー症状を抑えたり軽減する

抗アレルギー薬はアトピー症状が起こる原因の1つであるアレルギー症状を抑えたり軽減したりするために使用される薬です。アレルギー反応はアレルギーの原因物質が体に入ることでヒスタミンなどの化学物質が分泌されるされて起こる反応です。

 

抗アレルギー薬には速効性がないので飲んですぐに効果がみられなくてもしばらく飲みつづける必要があります。抗アレルギー薬は比較的副作用が少ない薬として知られています。副作用にはめまい、眠気、頭痛、吐き気などがあります。

 

アトピー治療で薬を使用する際は必ず医師の指示にしたがいましょう。

薬物療法 / アトピー性皮膚炎の治療方法と対策関連ページ

食事療法
食事療法 / アトピー性皮膚炎の原因や治療方法、対策など
漢方療法
漢方療法 / アトピー性皮膚炎の原因や治療方法、対策など