食事療法 / アトピー性皮膚炎の治療方法と対策

医学博士も推薦する自宅でできるアトピー改善法
乳児から大人まで対応の薬を使わないアトピー改善方法

アトピーの食事療法

アトピーの食事療法についてご紹介します。
アトピーの食事療法には除去食療法回転食療法などがあります。

除去食療法

除去食療法はアレルギーの原因となる食品を除去することでアレルギー反応が起こることを防ぐ治療法です。除去食療法にはアレルギーの原因となる食品、その加工食品などアレルギー食品すべてを除去する完全除去食療法とアレルギー症状がひどくでてしまう必要最小限のアレルギー食品だけを除去する部分除去食療法があります。

 

完全除去食療法は、アレルギーの原因となる食品をすべて除去するものです。卵がアレルギー原因食品だった場合、卵はもちろん材料に卵が入っているハンバーグ、カステラ、マヨネーズなども除去します。さらに卵を産む鶏までも除去します。

 

このように完全除去食療法は1つのアレルギー原因食品を除去するためにたくさんの食品を除去することになります。そのため無計画に実施すると栄養不足になり、成長や発達に支障が出る場合があります。完全除去食療法を実施する場合は代替食品についての知識を持ちそれらを上手に取り入れ、栄養のバランスを考えて実施する必要があります。

 

部分除去食療法はアレルギーの原因となる素材だけを除去し、その食品を少量含む加工食品などは除去せずに摂取する食事療法です。

回転食療法

回転食療法は除去食療法と並行して行われる食事療法です。除去食療法を実施することでアレルギーの原因となる食品を除去するため、他の食品を摂取することになります。その際に、アレルギーの原因ではない食品であっても毎日摂取することで新たなアレルギー原因食品となる可能性が高くなります。これを防ぐために行う食事療法が回転食療法です。

 

回転食療法は毎日同じ食品を摂らないように注意してなるべく多くの食品を少量組み合せ、毎日重ならないように摂取する食事療法です。摂取した食品が完全に体から排泄されるまでには3〜5日かかるといわれています。そのため回転食療法では同じ食品は一度食べたら4日以上あけて食べることが理想とされています。

食事療法の注意

食事療法をする際は次の点に注意しましょう。

 

・ アレルギー食品を除去するため、栄養バランスが崩れ、成長、発達の妨げとなる場合があります。
食事療法を実施する際は栄養バランスを考え代替食品を摂るようにしましょう。

 

・ 食品に注意を払うことがストレスにつながる場合があります。
食べてはいけないというプレッシャーを強めず、食品添加物の少ない旬の食べ物を取り入れたり、少量でさまざまな食品を取り入れたりして、食事を楽しく美味しいものにし、心をリラックスさせましょう。

食事療法 / アトピー性皮膚炎の治療方法と対策関連ページ

薬物療法
薬物療法 / アトピー性皮膚炎の原因や治療方法、対策など
漢方療法
漢方療法 / アトピー性皮膚炎の原因や治療方法、対策など