食物アレルギーの検査 / アレルギーの症状と対策

食物アレルギーの検査

「アレルギー体質を何とかしたかった・・・」
子供の頃からアレルギーに悩まされていた三沢様の体験談をぜひ読んでみて下さい

食物アレルギーの血液検査

血液検査では、以下のような項目をチェックして、食物アレルギーかどうかを診断します。

 

■白血球
血液中の白血球の1種、好酸球や好塩基球が増えているかどうかを見ます。(食物アレルギーの場合は増えていることが多)

 

■アレルギー検査
IgEというアレルギーを起こすタンパク質が血液中で増えていないかどうか、食物に反応するIgEが増えていないかどうかを見ます。(IgE全体の値が高いとアレルギーを起こしやすい)

 

■食物に反応するIgE
数字によってスコアで分類しています。0〜6まであって、0は陰性、1は疑陽性、2〜は陽性となっています。
例えば、卵白に対するIgEが、0.7 IU/ml以上であれば、陽性となります。この数字は0.34〜100 IU/mlまであって、数字が高いほど、症状がでやすいことがあります。

 

■HRT(ヒスタミン遊離試験)
食材と白血球を混ぜて、ヒスタミンをという物質が出るかどうかをみる検査です。(ヒスタミンの値が高くなっている食材は、アレルギーを起こす可能性が高い)

食物アレルギーの皮膚検査

血液検査以外の検査法として、皮膚検査があります。

 

■スクラッチ、プリックテスト
原因となる食物の成分を皮膚につけて、皮膚に針などで傷をつけて反応をみる検査。(蚊にかまれたような湿疹や赤くなったら陽性)

 

■皮内テスト
原因となる食物を皮膚に注射で入れて反応をみる検査。(蚊にかまれたような湿疹や赤くなったら陽性)

 

■パッチテスト
原因となる食物を皮膚に貼り付けて、そのまま2〜3日様子を見る検査。終わったときに皮膚が赤くなっていない、腫れていないか等を見て検査します。

 

※これらの検査は、体質としてアレルギーを起こす可能性があるかどうかを見る検査です。アレルギー検査で陽性であっても、必ずしも、食物アレルギーとして症状を起こすわけではありません。

除去試験と負荷試験

除去試験と負荷試験では、実際に食物がアレルギーを起こすかどうかを検査します。

 

■除去試験
アレルギーの原因と思われる食材を完全に2週間食べない状態にし、症状が治るかどうかを見る検査です。
原因となる食材については、問診と検査である程度絞り込みます。

 

除去試験での検査を行うと、ある程度、アレルギーの原因となる食材が分かってきます。

 

■負荷試験
アレルギーの原因と考えられる食材をあえて実際に食べ、症状が出るかを見る検査です。
アレルギー反応が出る可能性があるので、本人には負担のかかる検査です。ショック状態になったり、喘鳴、蕁麻疹、意識がなくなったりするアナフィラキシーを起こすと大変なので、この検査は慎重に行う必要があります。本人への負担の大きい負荷試験は、必ず病院などで相談の上で行うようにしましょう。

 

 

何を食べたときに、どのような症状が出たかを把握することが食物アレルギーの有無を知るうえで重要です。アレルギーの疑いのある症状が出たときには、必ず食べたものと症状をメモしておきましょう。特にアレルギーの原因となる食べ物については、食べた量や、食べてから症状が出たときまでの時間、過去に同じような症状が出たことがあるかどうかなどをメモしておきましょう。

アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」
アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。

食物アレルギーの検査 / アレルギーの症状と対策関連ページ

食物アレルギーの原因となる食べ物
食物アレルギーの原因となる食べ物 / アレルギーにはI型をはじめとする4つのタイプがあります。アレルギーの症状や食物、アレルギー対策や原因、病院での検査や治療、アレルギーテストなどについて。
食物アレルギーの症状
食物アレルギーの症状 / アレルギーにはI型をはじめとする4つのタイプがあります。アレルギーの症状や食物、アレルギー対策や原因、病院での検査や治療、アレルギーテストなどについて。
卵アレルギー
卵アレルギー / アレルギーにはI型をはじめとする4つのタイプがあります。アレルギーの症状や食物、アレルギー対策や原因、病院での検査や治療、アレルギーテストなどについて。
小麦アレルギー
小麦アレルギー / アレルギーにはI型をはじめとする4つのタイプがあります。アレルギーの症状や食物、アレルギー対策や原因、病院での検査や治療、アレルギーテストなどについて。

ホーム RSS購読 サイトマップ