乳幼児のアレルギー / アレルギーI型の症状と対策

乳幼児のアレルギー / アレルギーI型の症状と対策

「アレルギー体質を何とかしたかった・・・」
子供の頃からアレルギーに悩まされていた三沢様の体験談をぜひ読んでみて下さい

乳幼児に多いアレルギーの種類と症状は?

アレルギーには、いろいろな人が、いろいろなものに悩まされているようです。たとえば、日本人の国民病ともいうべき花粉症も立派なアレルギーの一つです。

 

花粉症のないわたしですけれども、どうも猫アレルギーを持っているらしくて、かわいらしい猫がいると、かわいがってあげたいとは思うのですが。。。むかしは、猫アレルギーのことなど知らず、猫と遊んで、くしゃみが止まらないということがありました。しばらくの間アレルギーだとわからず、単に風邪をひいたんだと思っていましたよ。

 

しかしこのように、自分がアレルギーを持っているものが何かを知らずにいるのは結構危険ですね。特に乳児だと、いろいろなものに不用意に近づきますから、突然アレルギーを起こすかもしれません。

 

アレルギーですが、乳児の場合、食物アレルギーが最も多いという話です。ただ、乳児が引き起こすアレルギー症状は、実はいろいろとたくさんあるのです。たとえば、じんましんや、口がはれたり、おう吐や下痢、頭痛など、さまざまなアレルギー症状があります。大人にとってもそうですけど、乳児にも、アレルギー症状というのはいろいろあるんですね。

 

これらのアレルギー症状は、ひどくなるとアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるようです。また、乳児の場合、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が多いみたいです。そしてそれらの皮膚のアレルギー症状が、ぜんそくなどに進行していくこともあるようです。まだ体が完全に出来上がっていない乳児ですから、アレルギーには気をつけたいところですよね。

乳児のアレルギーで気をつけること

アレルギーですが、乳児の場合は食物によるものが多いので、食べ物に気をつける必要があるみたいです。具体的には、アレルギーを引き起こす食べ物を、メニューからのぞくということですよね。基本的には、乳児のアレルギー対策は、病院の医師の指示に従うことが大事です。だって、いくらアレルギーが心配だからと言って、自分の判断で乳児の食事メニューを考えたらどうなりますか。きっと偏食になり、乳児の栄養は偏るでしょうし、また、好き嫌いの原因にもなるでしょう。

 

もっというと、乳児のアレルギーも、食物が原因ではないという場合もありますよね。だから、乳児のアレルギーについてはお医者さんと相談して、丈夫なお子さんになるようにしたいですね。

アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」
アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。

ホーム RSS購読 サイトマップ