アレルギーと皮膚疾患 / アレルギーI型の症状と対策

アレルギーと皮膚疾患 / アレルギーI型の症状と対策

「アレルギー体質を何とかしたかった・・・」
子供の頃からアレルギーに悩まされていた三沢様の体験談をぜひ読んでみて下さい

アレルギーが原因の皮膚の病気

アレルギーは、何かの物質に対して体の方が異常に反応してしまい、アレルギー性の皮膚炎や、胃腸炎、気管支炎、ぜんそくなど、様々な疾患を引き起こします。日本人の国民病とも言われる花粉症も、立派なアレルギーのうちの一つです。

 

よく聞くのが食物アレルギーですが、単に嫌いなだけだと思って無理をさせたら、とんでもないことになりかねません。教育界では有名な話らしいですが、かつて、学校における「そばアレルギー事件」というのがありました。

 

ある学校に通う子どもで、そばに対するアレルギーを持っていた子がいたんだそうです。だからその子は、アレルギー反応を起こしてしまうので、そばは食べませんでした。

 

しかしあるとき、その学校で給食にそばが出てきてしまったのが悲劇の始まりでした。そばアレルギーを持っていたその子に対し、先生が「好き嫌いするな」と言って、無理に食べさせました。その結果、その子はアレルギーを起こして、死んでしまうという痛ましい事件となりました。

 

アレルギーというのはそれくらい怖いもので、くれぐれも慎重に対処しなければなりません。

アレルギーはアトピー性皮膚炎など皮膚の症状を起こす

よくいわれるアトピー性皮膚炎というのも、アレルギーと深くかかわっているらしいです。とはいえ、アトピー性皮膚炎は、アレルギー以外の原因も指摘されてはいますが、どちらにしろ、アレルギーによって、皮膚が荒れるということもあるのです。

 

また、アレルギーなどの影響で皮膚が荒れたら、かゆくなってしまうこともあります。しかし、かゆいからといってボリボリとかいていても、根本的な解決にはなりません。かゆみが治るどころか、皮膚を傷つけて、余計にアレルギーなどがひどくなったりします。いくらアレルギーで皮膚がかゆくなっても、なるべくかかないように気をつけましょう。

 

アレルギーですが、前述のように食べ物によって引き起こされることもあり、皮膚のかゆみも例外ではないです。もちろん、食べ物以外のアレルギーによって皮膚のかゆみなどが出てくることはありますが。

 

皮膚のかゆみを引き起こすアレルギー物質を含む食べ物は、たくさんあります。そばのほかにも、魚介類や豚肉、タケノコやホウレンソウなども、アレルギー症状を引き起こすことがあります。それらの物質にアレルギーをお持ちの方は、皮膚のかゆみでは済まない場合もあるので、十分注意しましょう。

アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」
アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。

ホーム RSS購読 サイトマップ