赤ちゃんのアレルギー / アレルギーI型の症状と対策

赤ちゃんのアレルギー / アレルギーI型の症状と対策

「アレルギー体質を何とかしたかった・・・」
子供の頃からアレルギーに悩まされていた三沢様の体験談をぜひ読んでみて下さい

赤ちゃんのアレルギー症状が出たら

アレルギーについては、ハウスダストとか、いろいろなことで話題になっていますが、特に小さい赤ちゃんをお持ちの家庭では、アレルギーの問題は関心事でしょう。ご自身の家庭の赤ちゃんがアレルギーを持っていたら、さぞ心配なことでしょう。なるべくアレルギーを持たないように、赤ちゃんを大切に育てたいところでしょう。

 

赤ちゃんのアレルギー症状が出たら、心配事が増えてしまいますよね。できるだけアレルギー症状を引き起こす物質を、赤ちゃんから遠ざけたいところです。さてそれでは、赤ちゃんに起こるアレルギー症状というのは、どういうものがあるのでしょうか。

 

アレルギーについて、インターネットでいろいろと調べることにしてみましょう。キーワードは、「アレルギー」だけでなく、「赤ちゃん」というのも入れてみました。おそらく、赤ちゃんのいるご家庭からすると、アレルギーは心配ごとの一つなのでしょう。検索したところ、赤ちゃんのアレルギーについて、多くのサイトがヒットしてきました。

 

あるサイトによると、離乳食を始めた途端、アレルギーっぽい症状を起こす赤ちゃんが結構いるとか。これらは、もしかしたら赤ちゃんの食物アレルギーという可能性があるようです。赤ちゃんの食物アレルギーは、皮膚の症状に現れることが大部分だという話もあります。ただ、皮膚だけでは済まず、呼吸系や、消化器系のアレルギーが現れることもあるそうです。アナフィラキシーショックという、ときには命にかかわるアレルギー症状もあるからとても怖いですね。

赤ちゃんのアレルギーは、大きくなると改善されることが多い

アレルギーですが、赤ちゃんの場合は、個人差はあるにしろ、もうちょっと大きくなると、改善されることが多いようです。やはり0歳の赤ちゃんが、アレルギーには一番弱いので注意が必要です。赤ちゃんも2歳や3歳になると、アレルギーの耐性も強くなっていくのです。そしてある先生によると、赤ちゃんも6歳ぐらいになるとアレルギーの大半は治ってしまうとのことです。

 

だから、今アレルギーに苦しんでいる赤ちゃんをお持ちのご家庭も、きっと希望が持てるのではないでしょうか。赤ちゃんのアレルギーは心配なことではありますが、治るという希望を持って、赤ちゃんを大切にしていきましょう。

アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」
アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。

ホーム RSS購読 サイトマップ