あがり症の対策 / あがり症克服・対策と治す治療方法

あがり症の対策

あがり症の悩みと対策

あがり症で人前にでるとどうしても声がうわずったり、震えたりしてしまう。異性の前だと自然に振る舞えずに動きがぎこちなくなってしまう。人に注目されるとあがってしまい上手く自分の意見をいうことができない。あがってしまうと汗が大量に出て、顔が赤くなってしまう。あなたはこんなあがり症の症状がでたことはありますか?

 

重要な会議での発表であがってしまい頭が真っ白になり上手く自分の意見を言えななくて後でなんであんなにあがってしまったんだと落ち込んだり、人前で緊張して手が震えてしまい出されたコーヒーをこぼしてしまい、後で恥ずかしくて悲しくなったことはありませんか?

 

あがり症が治って、もっと自然にリラックスできたらどんなにいいかと思ったことはありませんか?
あがり症は命に別状がある病気ではないため、あがり症の人が思い悩んでいても理解され難いところがあります。しかし、あがり症に悩む人にとってはこの症状は深刻な悩みです。

 

あがり症の人の中には、あがってしまうことが嫌で人と話すことを避けている人もいるでしょう。しかし、いつも避けているわけにはいきません。日常生活の中で知らない人や苦手な人と話さなければいけない機会はたくさんあります。また、人前で話しをしなければいけないこともあるでしょう。

 

あがり症で悩んでいる人は人からどう見られているか気にしすぎてしまう人が多いようです。あがり症の人はどう見られているか気になるために上手く話さなくては、失敗しないようにしなくては、変に思われないようにしなくてはと知らず知らずのうちに次々と自分にプレッシャーをかけてしまい余計にあがってしまうようです。

 

あがり症の人が人と話すときにあがらないためには、上手く話そうとかカッコ良く話そうと力まずに家族や親しい人と話すときのようにリラックスして話すことが大切です。

大人数で話すときの対策

あがり症の人に中には小人数だと大丈夫なのに大人数になると緊張して上手く話せないという人もいるでしょう。それは大勢の人の前で話すときは、たくさんの人の視線が一気に自分に集中し、見られているという恐怖におそわれることが原因です。 大人数を相手に話す場合は、話すときにあちこち見ずに視線を1人に絞るようにするといいでしょう。そうすることで大勢から注目されているという意識が薄くなります。話している間ずっと1人だけ見ているというのは不自然なので、文章ごとにターゲットの人を変えて話しをするといいでしょう。 こういったことを繰り返すことで、話しをするコツも覚え、緊張はしても比較的リラックスして話しをすることができあがり症の改選に繋がります。

ホーム RSS購読 サイトマップ